【ツール・ド・サンルイス15】キンタナはアルゼンチンで手ごたえつかむ「データは去年と同じだった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・サンルイス15】キンタナはアルゼンチンで手ごたえつかむ「データは去年と同じだった」

スポーツ 短信
2015年ツール・ド・サンルイス第7ステージ、ダニエル・ディアス(ファンビック)が総合優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第7ステージ、ダニエル・ディアス(ファンビック)が総合優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第6ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第5ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)
アルゼンチンの2015年ツール・ド・サンルイス、昨年のこのレースを制したナイロ・キンタナ(コロンビア)だが今年は総合3位と連覇を逃した。

国際的にはほぼ無名のアルゼンチンのダニエル・ディアス(ファンビック)、コロンビアのロドルフォ・トーレス(チームコロンビア)の後塵を拝したキンタナだが「総合3位は適格だよ。上位2人がよかった。彼らを倒そうとしたけど、できなかった。でも、満足している。このレースは2度目だけど、去年は勝って、今年は3位だからね。ここの人たちは、さらに僕を応援してくれた」と結果に納得していた。

昨年のブエルタ・ア・エスパーニャは肩甲骨骨折でリタイアしたキンタナ。このサンルイスが、それ以来のレースとなったが、パワーなどの数値は順調な調整を示していると語る。

「さらに多くの選手がステージ優勝を欲しがり、総合優勝を欲しがった。僕は獲れなかったけど、落ち着いている。去年のブエルタ・ア・エスパーニャからレースしていなかったけど、データは去年ここで首位だったときと同じだからね」

キンタナはしばらく南米に残り、2月8日には母国コロンビアのロード選手権に参戦。その後ヨーロッパへ渡り、スペインのアンダルシア一周に出場する。7月には最大の目標であるツール・ド・フランスに挑む。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top