【ツール・ド・サンルイス15】アルゼンチンのディアス、キンタナのアタックを封じ込め2勝目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・サンルイス15】アルゼンチンのディアス、キンタナのアタックを封じ込め2勝目

スポーツ 選手
2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ダニエル・ディアス(ファンビック)が優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ダニエル・ディアス(ファンビック)が優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ダニエル・ディアス(ファンビック)が優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ダニエル・ディアス(ファンビック)が優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ミカル・クビアトコウスキー(エティックス・クイックステップ)ら
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ、ダニエル・モレノ(カチューシャ)ら
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第4ステージ
ツール・ド・サンルイス、1月22日の第4ステージはビヤ・ドロレス~アルト・エル・アマゴ間の142.5km。1級山岳の頂上ゴールで、地元アルゼンチンのダニエル・ディアス(ファンビック)がライバルたちに約1分差をつけて今大会ステージ2勝目を挙げた。

この日の勝負は、最後の10.5km、平均勾配7.2%の上りで展開された。昨年総合優勝のナイロ・キンタナ(モビスター)がふもとからアタックを仕掛けるが、ディアスは冷静にコントロール。約半分を過ぎたところで、今度はディアスが反撃する。

キンタナはロドルフォ・トーレス(チームコロンビア)とともにこれを追いかけたが、ディアスは独走で差を広げ、第2ステージに続き頂上ゴールを制した。

2位は52秒差でディアスのチームメイトのアレックス・ディニス。3位は54秒差でトーレス、4位は56秒差でキンタナと続いた。

ディアスはリーダージャージも守り、総合2位トーレスとの差をちょうど1分に広げた。

2013年大会でも総合優勝を挙げているアルゼンチン・ロード王者のディアスは「今が人生の中で一番調子がいい。肉体的にも精神的にも僕は成熟したんだ」と好調をアピールする。

「ナイロ・キンタナが、ふもとからアタックした。そのときはチームメイトのディニスが追いかけた。ナイロが再びアタックしたとき、僕たち3人はまとまった。4km地点で僕がアタックし、独走したんだ」

23日の第5ステージは、17.4kmの個人タイムトライアルが待ち受ける。続く第6ステージは、再び頂上ゴールだ。

ディアスは「明日はタイムトライアルだけど、土曜日のステージ(第6ステージ)では1分失うかもしれない」と控えめに見通しを語っている。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top