【ツール・ド・サンルイス15】キンタナは今季初の頂上ゴールで7位「まだ50%」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・サンルイス15】キンタナは今季初の頂上ゴールで7位「まだ50%」

スポーツ 短信
ナイロ・キンタナ(モビスター)
  • ナイロ・キンタナ(モビスター)
  • ナイロ・キンタナ(モビスター)
アルゼンチンのツール・ド・サンルイス、1月20日の第2ステージは頂上ゴールで争われ、コロンビアのトップクライマー、ナイロ・キンタナ(モビスター)は7位に食い込んだ。

モビスターはレース前半から集団をコントロールし、このレースの総合優勝連覇を狙うキンタナをサポート。最後の上りではキンタナの弟、ダイヤー・キンタナとイゴール・アントンがライバルの動きをチェックしたが、ダニエル・ディアス(ファンビック)とロドルフォ・トーレス(チームコロンビア)の飛び出しを許してしまい、ディアスがステージ優勝をつかみ取った。

結局、キンタナは今季初の頂上ゴールを27秒遅れの7位でゴールした。

「上りはとても速く走った。弟が勝者のペースについていけることを期待して、ディアスのホイールに集中しろと言ったんだ。アタックが多くて彼は苦しくなり、集団後方に下がってしまった。僕はただ自分のペースに従ったんだ」

今季最大の目標であるツール・ド・フランスまでは、あと半年。キンタナはそれまでにコンディションを上げることに集中している。

「レースの現時点で、ディアスは僕たちより強いことを証明した。レース前に何度も言ったように、僕はまだ50%なんだ。改善の余地はまだたくさんあるし、今年最大の目標を前に努力する必要がある。今週、チームがどんなレースができるか見てみたいね」

ツール・ド・サンルイスは第4ステージ、第6ステージにも頂上ゴールが待ち受けており、見逃せない戦いが続く。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top