【ツール・ド・サンルイス15】第6ステージ、ブラジルのラモスダシルバが最難関山岳制覇 キンタナ逆転ならず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・サンルイス15】第6ステージ、ブラジルのラモスダシルバが最難関山岳制覇 キンタナ逆転ならず

スポーツ 短信
2015年ツール・ド・サンルイス第6ステージ、クレベール・ラモスダシルバ(ファンビック)が優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第6ステージ、クレベール・ラモスダシルバ(ファンビック)が優勝
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第6ステージ、クレベール・ラモスダシルバ(ファンビック)とロドルフォ・トーレス(チームコロンビア)
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第6ステージ、ナイロ・キンタナ(モビスター)
  • 2015年ツール・ド・サンルイス第6ステージ、クレベール・ラモスダシルバ(ファンビック)が優勝
アルゼンチンの2015年ツール・ド・サンルイス、1月24日の第6ステージはアチラス~フィロ・シエラス・コメキンゴネス間の117.5km。今大会最難関ステージで、ブラジルのクレベール・ラモスダシルバ(ファンビック)が標高2000mを超える頂上ゴールを制した。

総合優勝争いの最後の勝負どころとなるこのステージ。序盤はトーマス・ダニエルソン(キャノンデール・ガーミン)ら6人が逃げ、最大5分03秒のリードを築くが、最後の距離16kmの上りのふもとで吸収された。

ゴールまで残り9km地点でナイロ・キンタナ(モビスター)がアタックするが、ライバルたちはこれを見逃さず、12人の有力選手が先頭に固まる。

最後は総合首位のダニエル・ディアス(ファンビック)がチームメイトのラモスダシルバにアタックをさせ、キンタナらライバルたちを揺さぶると、そのままラモスダシルバがステージ優勝を奪い取った。

ラモスダシルバは「僕のキャリア最大の勝利だ。この勝利はレースリーダー(ディアス)が演出したんだ。すばらしい選手だし、絶好調だね。チームはツール・ド・サンルイスのためにずっと準備してきたから、勝てたんだ」とディアスに感謝した。

ステージ2位は2秒差でロドルフォ・トーレス(チームコロンビア)、3位は6秒差でディアス、キンタナは15秒差の4位だった。

この結果、総合ではディアスがリーダージャージをキープ。2位は1分05秒差でトーレス、3位は1分34秒差でキンタナと大きな動きはなかった。

これで1月26日の最終第7ステージを残し、ディアスが総合優勝をほぼ確実にした。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top