ラボバンクの元チームドクターがドーピング違反で永久追放処分の判決…ラスムッセンの証言が決め手に | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラボバンクの元チームドクターがドーピング違反で永久追放処分の判決…ラスムッセンの証言が決め手に

スポーツ 短信
 ツール・ド・フランス第14ステージは、アルベルト・コンタドール(24=スペイン、ディスカバリーチャンネル)とともに逃げたミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク、ラボバンク)が総合成績で、コンタドール以外の有力選手との差を広げることに成功した。「ニワト
  •  ツール・ド・フランス第14ステージは、アルベルト・コンタドール(24=スペイン、ディスカバリーチャンネル)とともに逃げたミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク、ラボバンク)が総合成績で、コンタドール以外の有力選手との差を広げることに成功した。「ニワト
  •  ツール・ド・フランス参加中のオランダの自転車チーム、ラボバンクは7月25日深夜、所属選手のミカエル・ラスムッセン(33=デンマーク)に出場停止処分を科した。処分の理由は規則違反と発表されたが、同選手に薬物違反の疑いがあるため。25日に開催された第16ステー
USADA(アメリカ・アンチドーピング機関)などは、ベルギーのヘールト・ラインダース医師のドーピング違反に対して、米国仲裁協会のスポーツ北米仲裁裁判所が永久追放処分の判決を言い渡したことを1月22日に発表した。

ラインダース医師はかつてオランダのチーム、ラボバンク(現チームロットNLジャンボ)のチーフドクターを務め、チームの取締役会にも名を連ねていた。

ラインダース医師に対する捜査は2012年のUSADAによる証拠発見から始まり、オランダとデンマークのアンチドーピング機関との協力で進められた。

目撃証言や裏付け書類、専門家による自転車選手の血液の異常値の分析などの証拠をもとに、米国仲裁協会はラインダース医師がEPO、テストステロン、インシュリン、DHEA、LH、コルチコステロイドなどの禁止薬物や血液ドーピングの用具を保有、取引し、自身の監督下にある選手たちに投与したと判決した。

デンマーク・アンチドーピング機関のディレクター、ロネ・ハンセンは「選手の目撃証言は捜査の中で重要かつ有力な役割を果たすことができる。この事件ではミカエル・ラスムッセンの協力と証言がこの判決に不可欠だった」と説明している。

デンマークの自転車選手、ラスムッセンはかつてラボバンクに所属。2007年ツール・ド・フランスではマイヨジョーヌを着用したが、競技外抜き打ち検査に必要な居所報告を複数回怠ったとしてドーピング違反とみなされ、レースから除外された。

ラインダース医師は今後選手のトレーニングやアドバイスにかかわることが禁止され、レースに帯同することも禁じられる。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top