2014-15トラックワールドカップ第3戦、波乱の女子ケイリンは中国のリン・ジュンホンが優勝 日本勢は第1ラウンド敗退 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014-15トラックワールドカップ第3戦、波乱の女子ケイリンは中国のリン・ジュンホンが優勝 日本勢は第1ラウンド敗退

スポーツ 短信
リン・ジュンホン(中国)2014年12月
  • リン・ジュンホン(中国)2014年12月
2014-15UCIトラックワールドカップ第3戦コロンビア・カリ大会、1月18日の女子ケイリンは中国のリン・ジュンホンがチームメイトが降格処分を受ける中、優勝をつかんだ。

第1戦、第2戦と連勝していた中国のゴ・シュアンは、この第3戦の決勝でもトップでフィニッシュ。しかし、レース途中で斜行し、他の選手を落車に巻き込んだため降格処分を受けてしまう。

この結果、同じ中国のリン・ジュンホンが繰り上げ優勝、2位にはシェーン・ブラスペニンクス(オランダ)、3位にはメリッサ・エリクソン(アメリカ)が入った。

日本勢は第1ラウンドで敗退し、前田佳代乃、加瀬加奈子ともに17位タイに終わった。

3連勝を逃したゴ・シュアンだがポイントのリードは守り切り、ワールドカップタイトルを獲得している。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top