2014-15トラックワールドカップ第3戦、女子スプリントはオランダの20歳リヒトレーが初優勝 日本勢は上位進出ならず | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014-15トラックワールドカップ第3戦、女子スプリントはオランダの20歳リヒトレーが初優勝 日本勢は上位進出ならず

スポーツ 短信
エリス・リヒトレー(オランダ)2014年12月
  • エリス・リヒトレー(オランダ)2014年12月
2014-15UCIトラックワールドカップ第3戦コロンビア・カリ大会、1月17日の女子スプリントはオランダの20歳、エリス・リヒトレーがワールドカップ初優勝を飾った。

第2戦ロンドン大会では3位、ヨーロッパ選手権では500mTTで銀メダルを獲得したリヒトレー。決勝では中国のゴ・シュアンに対して2ラウンド連勝し、金メダルをつかみとった。この結果、リヒトレーは計383ポイントでワールドカップタイトルも獲得した。

3位決定戦は、香港のリー・ワイツェがフランスのサンディ・クレアを下し、銅メダルを手にしている。

日本勢は上位進出ならず前田佳代乃が16位、石井貴子が28位だった。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top