2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子団体追い抜きはオーストラリアが優勝 日本20位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子団体追い抜きはオーストラリアが優勝 日本20位

スポーツ 短信
ティリアン・マクマヌス(オーストラリア)2013年11月
  • ティリアン・マクマヌス(オーストラリア)2013年11月
2014-15UCIトラックワールドカップ第3戦コロンビア・カリ大会、1月17日の男子団体追い抜きはオーストラリアが優勝した。

オーストラリア男子は世界選手権優勝メンバーを外し、スコット・ロー、ジョシュア・ハリソン、ジャクソン・ロー、ティリアン・マクマヌスと女子同様平均年齢20歳強の若手中心メンバーでこの種目に挑んだ。

決勝では4分04秒229で、ロシアのルスベロ(4分04秒229)を破り、優勝。来月フランスで開催されるトラック世界選手権に向けて、好調さをアピールした。

3位決定戦は、イギリスが4分04秒391でデンマークに勝利している。日本(窪木一茂、近谷涼、橋本英也、一丸尚伍)は20位だった。

ポイントランキングは、地元の第2戦ロンドン大会を制したイギリスが910ポイントでトップを守り、総合タイトルを獲得している。イギリスは2005年、2008年、2010年に続く4度目のタイトルとなった。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top