長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは

ナイキジャパンは、「NIKE MOST WANTED "THE FIRST CHANCE"」を、12月25日、東京都のアミノバイタルフィールドで開催した。

スポーツ まとめ
長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
  • 長友佑都と原口元気が選んだ2人の高校生とは
ナイキジャパンは、「NIKE MOST WANTED "THE FIRST CHANCE"」を、12月25日、東京都のアミノバイタルフィールドで開催した。

「NIKE MOST WANTED」は、現在プロチームに所属していない才能ある若者を支援するために考案された、世界中のフットボーラーがプロになりたいという夢を叶えるための機会を提供するプロジェクト。

12 月25 日のセレクション初回には、長友佑都選手と原口元気選手が登場。当日は選手にパスを出すなどセレクションの手伝いを実際にしつつ、特別スカウトとして両選手1人ずつ選手を選出した。

今回編集部は、長友佑都選手と原口元気選手に選出されたそれぞれの選手に話を聞いた。

長友選手に選出されたのは鹿島学園3年生の石川颯海(はやみ)くん。長友選手の選出理由は、「フィジカルのレベルが全体的に高く、ボールを持った時に見ている位置がいいな、と思ったから」だ。「同じディフェンダーとしても、フィジカルの部分、一対一、間合い、対応がいいと思いました」とも長友選手に言わしめた。

---:今日はどういった運びでセレクションに参加した?

石川颯海くん:自分の高校の監督から「受けてみないか」と言われ、興味をもったので参加させていただきました。

---:セレクションを受けてみた感想は?

石川颯海くん:自信をもってプレーしている選手が多く、高いレベルでサッカーすることができてすごくよかったです。

----:次の最終セレクションへの抱負は?

石川颯海くん:次はもっといいコンデションに整えて、挑戦したいと思っています。

---:長友選手に選ばれたということについては。

石川颯海くん:正直選ばれるとは思っていなかったので、ものすごく嬉しいですし、世界で活躍している長友選手に選ばれたということで、自分の自信にもなりました。



原口元気選手に選出されたのは、暁星高校3年生の佐藤優輝くん。来年から早稲田大学に進学することが決まっているという。原口選手の選出理由は、「自分の強さを発揮して、一対一でも強さを出していたので選びました。一対一のなかで非常にいいプレーをしていました」だ。50mを6秒フラットの快速で駆け抜ける佐藤くんの速さは、目を見張るものがあった。

---:今日はどういった運びでセレクションに参加した?

佐藤優輝くん:自分の父の知り合いにNIKEの方がいて、その方に「受けてみないか」と声をかけていただきました。大学も決まったので、いい機会ですし受けてみることにしました。

---:セレクションを受けてみた感想は?

佐藤優輝くん:スピードが持ち味なんですけれど、それは誰にも負けないな、と感じることができて自信になりました。

---:原口選手に選ばれたということについては。

佐藤優輝くん:ポジションも同じなので嬉しかったです。

----:次の最終セレクションへの抱負は?

佐藤優輝くん:自分の持ち味をしっかり出して、アピールしていきたいです。

****

なお、この日のセレクションに合格したのは上記の2名に加え、鈴木孔明(日大藤沢)、金子修羅(鹿島学園)、渡辺亘祐(慶応義塾高等学校)、岩木艦(佐野日大)、齋藤拓人(湘南工科大付属高等学校)、吉岡航(大成高校/大成FC)の計8名。

来年3月に開催されるセレクション、「ジャパン ファイナル」に進出し、世界規模のセレクションとなる「グローバル ファイナル」行きの切符を争う。
《大日方航》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top