2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子チームスプリントはフランスが4年ぶり制覇 日本は4位でメダル逃す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014-15トラックワールドカップ第3戦、男子チームスプリントはフランスが4年ぶり制覇 日本は4位でメダル逃す

スポーツ 短信
ケビン・シロー(フランス)2013年10月
  • ケビン・シロー(フランス)2013年10月
2014-15UCIトラックワールドカップ第3戦コロンビア・カリ大会、1月17日の男子チームスプリントはフランスが約4年ぶりの優勝を飾った。

フランスは、トラック世界選手権三冠のフランソワ・ペルビスがケイリンでの落車のため欠場となったが、その代役のケビン・シロー、グレッグ・ボジェ、クエンタン・ラファルゲの若手3人でこの種目に挑んだ。

コロンビア、ポーランドを破って決勝に進出したフランスは、43秒634でオランダ(43秒816)を下し、2011年2月のイギリス・マンチェスター大会以来約4年ぶりのワールドカップ優勝を勝ち取った。

地元フランスでの世界選手権前に優勝を飾ったシローは、表彰台でボジェと一緒にサルサを踊って喜びを表し、「僕たちは今年ワールドカップの表彰台に上っていなかったから、この勝利は最高のタイミングだ」とうれしそうに語った。

日本(雨谷一樹、中川誠一郎、渡邉一成)は3位決定戦に進出したが、ポーランドに敗れ4位。惜しくもメダルを逃した。

ポイントランキングでもフランスが541.5ポイントでトップに立ち、ワールドカップタイトルを手に入れた。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top