オーストラリア・ロード選手権、IAMサイクリングのハウッスラーが復活の勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オーストラリア・ロード選手権、IAMサイクリングのハウッスラーが復活の勝利

スポーツ 短信
ハインリッヒ・ハウッスラー(IAMサイクリング)
  • ハインリッヒ・ハウッスラー(IAMサイクリング)
  • ハインリッヒ・ハウッスラー(IAMサイクリング)
  • ハインリッヒ・ハウッスラー(IAMサイクリング)
2015年オーストラリア・ロード選手権、1月11日にブニンヨングで行われたエリート男子ロードレースはハインリッヒ・ハウッスラー(IAMサイクリング)が少人数のゴールスプリントを制して優勝した。

10.2kmの周回コースを18周する182kmで争われたエリート男子は、148選手が出場。ラスト40kmで飛び出した大人数の逃げ集団が、最後は9人に絞り込まれ、激しい攻防を繰り広げる。

この中から、ラスト3kmで20歳の神童カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)がアタックし、ニール・バンデルプローグ(アバンティレーシング)がひとり反応する。

しかし、2人のペースが緩んだすきにハウッスラーが追いつき、疲れを見せたユワンをスプリントで抑え切って自身初の国内選手権優勝をつかんだ。2位はユワン、3位にはバンデルプローグが入った。

スプリント中にチェーンが脱落するトラブルにもかかわらず、勝利をもぎとったハウッスラーは「本当にタフなスプリントだった。ラスト100mは耳から乳酸が吹き出していたよ。ありがたいことにゴールラインが見えて、僕が一番で入った。正直言って、まだ信じられない。本当に僕の人生最高の日だ」と、興奮気味に振り返った。

現在30歳、ドイツ系オーストラリア人のハウッスラーは、オーストラリアで生まれたもののキャリア序盤はドイツ登録で走っていた。しかし、2010年のオーストラリア・ジーロンでの世界選手権でオーストラリア代表となるために、登録国をオーストラリアに変更した。

過去にはツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャでもステージ優勝を挙げているハウッスラーだが、ここ数年は大きな勝利から見放されていた。

復活の勝利で、緑と金のオーストラリアチャンピオンジャージに袖を通したハウッスラーは「こういうかたちでシーズンをスタートし、ジャージを手に入れたことは、自分を新たなレベルへと上げてくれる」と喜びをかみしめていた。

《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top