オーストラリア・ロード選手権、日本でも活躍したボンホフがクリテリウム2連覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オーストラリア・ロード選手権、日本でも活躍したボンホフがクリテリウム2連覇

スポーツ 短信
スティール・ボンホフ(2014年1月)
  • スティール・ボンホフ(2014年1月)
  • スティール・ボンホフ(2014年1月)
2015年オーストラリア・ロード選手権、1月7日にバララットで行われたエリート男子クリテリウムでスティール・ボンホフ(NFTO)が2連覇を飾った。

ボンホフは最後のスプリントで20歳の新星カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)をゴールラインギリギリで抜き去り、2010年からロード選手権に導入されたクリテリウムで史上初の2勝目を挙げた。2位はユワン、3位には五輪金メダリストのスコット・サンダーランド(バジェットフォークリフツ)が入った。

ボンホフは「多くの人はカレブが勝つと思っていた。僕も含めてね。最高の気分だ。彼の背後をとらえて、彼が飛び出した瞬間にスリップストリームに入ったんだ。隣に出たときも勝てるかどうかわからなかった。彼は速いよ。間違いなく次のマーク・カベンディッシュになれるね」とスプリントを振り返り、若きライバルを称えた。

ジャパンカップクリテリウムでも過去に2勝を挙げ、日本でもお馴染みのボンホフ。昨年まではガーミン・シャープに所属していたが、成績不振のため放出され、今季はイギリスのコンチネンタルチーム、NFTOに移籍した。

ボンホフは「今日はプレッシャーが大きかった。もう一度ヨーロッパに持ち帰る(チャンピオン)ジャージが欲しかったんだ。イギリスでオージーカラーを披露できるのは、すばらしいね」と喜んでいた。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top