【Jリーグ】カズ、流血しながらプレー「傷はサッカー選手という感じでいいんじゃない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【Jリーグ】カズ、流血しながらプレー「傷はサッカー選手という感じでいいんじゃない」

スポーツ 短信
三浦知良 参考画像(2013年6月9日)(c)Getty Images
  • 三浦知良 参考画像(2013年6月9日)(c)Getty Images
横浜FCは3月29日、セレッソ大阪と対戦。この試合に先発した横浜FCのFW三浦知良(カズ)は、相手DFとの競り合いの際に左目横を負傷して流血。頭部にテーピングを施しつつ、後半12分までプレーした。

試合後、血がしたたる痛々しい姿とは裏腹に、カズは「傷はサッカー選手という感じでいいんじゃない」と清々しい笑顔で話した。試合ではミドルシュートを放つなど精力的に動いたが今季初ゴールはならなかった。

この日のカズに対して、「流血しながら全力でプレーする姿に心打たれた」「すごいよな。試合に出るのもすごいけど、流血で笑顔ってのも」「カズのゴールを見たかったな。次回に期待!」「人間性が素晴らしい」など、カズを称賛するファンの声が相次いだ。

この日、今季3度目の先発出場を果たしたカズ。前線での機敏な動きは48歳という年齢をまだまだ感じさせない。ファンは次節での今季初ゴールに期待している。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top