カーリング女子日本代表選手の“特技のクセ”が強すぎる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

カーリング女子日本代表選手の“特技のクセ”が強すぎる

韓国との接戦を制し、3連勝を飾ったカーリング女子日本代表。

スポーツ 選手
カーリング女子日本代表選手の“特技のクセ”が強すぎる
  • カーリング女子日本代表選手の“特技のクセ”が強すぎる
  • 藤澤五月選手(2017年2月18日)
  • 吉田知那美選手(2017年2月18日)
  • 本橋麻里選手(2017年2月22日)
韓国との接戦を制し、3連勝を飾ったカーリング女子日本代表。

日本代表として戦っているのは、北海道・常呂町を拠点に活動するLS北見の5人だ。昨年9月の平昌オリンピック日本代表決定戦で中部電力を下し、代表権を勝ち取った。

「試合中の作戦会議が可愛い」「第5エンド後のおやつタイムに和む」など…何かと人々の関心を生み出しているカーリング。私も興味を持ち、選手たちのことを調べていると、あるサイトに行き着いた。LS北見の公式サイトだ。

サイトには5人のプロフィールが掲載されているのだが、そのプロフィールが放つオーラがとにかく異様だった。

◆本橋麻里『特技:耳の梱包』



本橋麻里選手(2017年2月22日)
チーム青森として2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックに出場した本橋麻里選手。「地元の名前で世界に挑みたい」という思いから、常呂町出身者でチームを結成した。“マリリン”の名で親しまれていた本橋選手の特技はなんと、メイクと耳の梱包だという。耳の梱包とは一体何なのか。謎は深まるばかりだ。


◆吉田知那美『特技:荷造り』



吉田知那美選手(2017年2月18日)
北海道銀行フォルティウスとして2014年ソチオリンピックに出場し、同年6月に妹・吉田夕梨花選手が所属するLS北見に加入した。趣味は一人旅、休日は旅行をするという吉田知那美選手。


そんな知那美選手の特技は荷造り。スピード重視なのか、丁寧さ重視なのか…。特技というほどなのだから、相当の実力を秘めているのかもしれない。



◆藤澤五月『特技:階段の降り』



藤澤五月選手(2017年2月18日)
2015年に中部電力からLS北見に移籍。平昌オリンピックではスキップとして指示を出し、チームの司令塔を務めている。そんな彼女の特技は階段の降り。上りの実力はどれほどなのだろうか。

「それを書く?」と思ってしまうほど個性的な彼女たちの特技。3連勝の勢いのまま勝ち進めば、帰国後にこの特技をお目にかかれる日がくるかもしれない。
《山本有莉》
≪関連記事≫
≫J3クラブの若手選手が語る等身大の想い…日本代表への憧れや、海外選手から学ぶものとは【PR】

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top