【旅しよう】日豪通信環境の比較…つながるとはいえ安定・快適?似通った課題 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【旅しよう】日豪通信環境の比較…つながるとはいえ安定・快適?似通った課題

ライフ 社会
phone
  • phone
  • phone
オーストラリアでは、世界的な流れと同じく、この2年くらいでガラケーよりもスマートフォンが主流になりつつある。電車やバスに乗るとスマートフォン、タブレットでSNSを使っている人を多く見かける。

イーコマース・マーケティング調査によると、総人口に対するインターネットユーザーの比率は、日本が約86%(2014年6月調査)、オーストラリアは少し高い約87%(2013年調べ)となっている。ここオーストラリアでは、学校でのアサイメントや各種公共機関への支払い、さらにインターネットショッピングが増え続けていることなどが数字の背景になっているという実感がある。これにスマートフォンやタブレットとデバイスが浸透し、一層気軽にインターネットが使える環境ができている。

インターネット接続に関しては、2年契約がほとんど。契約をしたくない人やまた国内での通信整備が完全に整っていないこと、国内で無料のWiFiスポットが増えていることを理由に、SIMカードを利用する人も多いように感じる。

SIMカードプリペイドの場合は、最初にカード、メモリースティックを購入する。必要であれば、随時お金を入金すればよい。電話会社が各社プランを用意しているが、最初のSIMカードはほとんどが2オーストラリアドルから購入可能。FacebookなどのSNSを制限なく使えるプランもあり、それらが理由で公共交通機関でインターネットユーザーが目立ってきているのかもしれない。

いずれにしてもここオーストラリアではインターネット環境は整いつつある。あとはいつでもサクサクと繋がること、すなわち安定した通信技術の整備が課題である。つながるとはいえ、その速度や安定度がまちまちでは、つながるという期待を損なうことになる。
《Asami SAKURA》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top