9月のFIFAランキング、日本48位に降格…「アジア首位から陥落」と残念がる声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

9月のFIFAランキング、日本48位に降格…「アジア首位から陥落」と残念がる声

スポーツ 短信
日本代表のハビエル・アギーレ監督(参考画像)
  • 日本代表のハビエル・アギーレ監督(参考画像)
9月18日、国際サッカー連盟FIFAから最新のランキングが発表された。

日本は前回の44位から4つも下がり48位となっている。アジアでは、イランが44位でトップに立っている。

ブラジルワールドカップ以降、しばらく勝利から遠ざかっている日本代表。今回のランキングは妥当と言われれば、そうなのかもしれない。

この結果にネット上では、

「48位は低すぎ」
「ついにアジア首位から陥落…」
「アギーレなんとかして!」
「カーボベルデって国どこ?普通に日本よりFIFAランク高いんだけど」

などと悲嘆の声が上がっている。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top