9月のFIFAランキング、日本48位に降格…「アジア首位から陥落」と残念がる声 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

9月のFIFAランキング、日本48位に降格…「アジア首位から陥落」と残念がる声

スポーツ 短信

日本代表のハビエル・アギーレ監督(参考画像)
  • 日本代表のハビエル・アギーレ監督(参考画像)
9月18日、国際サッカー連盟FIFAから最新のランキングが発表された。

日本は前回の44位から4つも下がり48位となっている。アジアでは、イランが44位でトップに立っている。

ブラジルワールドカップ以降、しばらく勝利から遠ざかっている日本代表。今回のランキングは妥当と言われれば、そうなのかもしれない。

この結果にネット上では、

「48位は低すぎ」
「ついにアジア首位から陥落…」
「アギーレなんとかして!」
「カーボベルデって国どこ?普通に日本よりFIFAランク高いんだけど」

などと悲嘆の声が上がっている。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top