【UCI MTB世界選手権14】XCOエリート女子、カナダのペンドレルが2度目のタイトル | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCI MTB世界選手権14】XCOエリート女子、カナダのペンドレルが2度目のタイトル

ノルウェー・ハフエルで開催中の2014年UCIマウンテンバイク&トライアル世界選手権、9月6日にはクロスカントリー(XCO)女子エリートのレースが4.2x6周の25.2kmで争われた。

スポーツ 短信
動画キャプチャ
  • 動画キャプチャ
  • 動画キャプチャ
ノルウェー・ハフエルで開催中の2014年UCIマウンテンバイク&トライアル世界選手権、9月6日にはクロスカントリー(XCO)女子エリートのレースが4.2x6周の25.2kmで争われた。

スタートから2011年世界王者のキャサリン・ペンドレル(カナダ)が独走し、残り1周で後続に43秒のリードを築く。ペンドレルは最終ラップでパンクに見舞われるが、運よくテクニカルゾーンの近くだったため、すぐさまホイール交換。ライバルに詰め寄られることなく、3年ぶり2度目の世界一の栄冠をつかんだ。

2位は21秒差でイリーナ・カレンチエバ(ロシア)、3位は43秒差でリー・デビッドソン(アメリカ)。5度目のタイトルを狙った地元ノルウェーのガンリタ・ダールは、9位に終わった。

ペンドレルは「私は先頭からレースするのが好きで、リードを奪うチャンスがあれば狙いにいく。残り半周で前輪がパンクしたけど、テクニカルサポートがすばらしくて、今までで最速のホイール交換が受けられました。そして再びバイクに乗って、世界選手権を勝ったんです」とチームからのサポートに感謝していた。

XCOエリート女子
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top