【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第12ステージ、FDJとジャイアント・シマノがコントロール開始(残り35km) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第12ステージ、FDJとジャイアント・シマノがコントロール開始(残り35km)

スポーツ 短信

ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージで独走するマティアス・クリチェク(キャノンデール)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージで独走するマティアス・クリチェク(キャノンデール)
  • ナセル・ブアニ(エフデジュポワンエルエル)
  • ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第12ステージ残り5kmのプロフィールマップ
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第12ステージの天気予報
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月4日の第12ステージはログローニョの周回コースを8周する166.4km。先頭では、マティアス・クリチェク(キャノンデール)が単独で逃げ続けている。

レースのペースはいつもよりゆっくりで、開始3時間での平均速度は36.6km/h。タイム差は最大で9分以上開いたが、ナセル・ブアニを擁するFDJ、ジョン・デゲンコルプを擁するジャイアント・シマノと、今大会ステージ3勝目を狙うスプリンターを抱えるチームがメイン集団先頭でコントロールを開始した。

2度の中間スプリントではポイント賞2位につけるブアニが積極的に動き、いずれも2位通過してポイントを加算した。

レースはラスト2周に入り、残り35kmでタイム差は約3分30秒。
《》

編集部おすすめの記事

page top