【UCI MTB世界選手権14】クロスカントリー・エリミネーター、男子はメル、女子はスターンマンが優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCI MTB世界選手権14】クロスカントリー・エリミネーター、男子はメル、女子はスターンマンが優勝

2014年UCIマウンテンバイク&トライアル世界選手権が、9月2日にノルウェー・ハフエルで開幕。初日はクロスカントリー・エリミネーター(XCE)が行われ、女子はキャスリン・スターンマン(スイス)、男子はファブリース・メル(ベルギー)が世界王者に輝いた。

スポーツ 動画
動画スクリーンショット
  • 動画スクリーンショット
2014年UCIマウンテンバイク&トライアル世界選手権が、9月2日にノルウェー・ハフエルで開幕。初日はクロスカントリー・エリミネーター(XCE)が行われ、女子はキャスリン・スターンマン(スイス)、男子はファブリース・メル(ベルギー)が世界王者に輝いた。

冬季五輪開催地リレハンメル近郊で行われているMTB世界一を決めるこの大会。女子は、先週ワールドカップのタイトルを獲得したスターンマンが、決勝レースで同国のリンダ・インダーガンドとのスプリント争いを制し、スイス女子チームに初タイトルをもたらした。3位は地元ノルウェーのイングリッド・ボーヤコブセン。

スターンマンは「予選ヒートではエネルギーをセーブして、決勝では全力を発揮した。リンダが2位でスイスがダブルビクトリー、最高です」と喜んだ。

男子は、去年の世界王者ポール・バンデルプローグ(オーストラリア)が予選ヒート第1ラウンドで敗退するなど、強豪選手が苦戦する波乱の展開。決勝レースも荒れ模様となり、最終コーナーで前を走る2選手が接触したすきをついて前に出たメルが優勝した。2位はエミル・リンドグレン(スウェーデン)、3位はケビン・ミケ(フランス)。

メルは「スタートは最悪だった。最後にケビンのイン側にリンドグレンが飛び込んでクラッシュしたから、僕はフィニッシュラインまでの道が開けたんだ。マイヨアルカンシェルを獲得して、1年ずっとこれを着れるんだ。最高だね」と振り返っていた。



《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top