【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし

UCI(国際自転車競技連合)のもとで、2014年ツール・ド・フランスのアンチドーピング検査を行ってきた自転車競技アンチドーピング基金(CADF)は、すべてのアンチドーピング検査の結果が明らかになり、違反に相当する分析結果はなかったと報告した。

スポーツ 短信
【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし
  • 【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし
  • マイヨジョーヌでシャンゼリゼを走るビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)
  • 最終第21ステージでは持ち前のスプリント力を遺憾なく発揮したマルセル・キッテル(ツール・ド・フランス14)
UCI(国際自転車競技連合)のもとで、2014年ツール・ド・フランスのアンチドーピング検査を行ってきた自転車競技アンチドーピング基金(CADF)は、すべてのアンチドーピング検査の結果が明らかになり、違反に相当する分析結果はなかったと報告した。

9月2日、UCIのプレスリリースが伝えている。

CADFは2014年のツールで計719の血液サンプル、尿サンプルを収集。なお、2013年は計622サンプルだった。このうち197はアスリート・バイオロジカルパスポートと医療監視のために競技前に集められ、522がレース中に収集された。

UCIのブライアン・クックソン会長は「2014年ツール・ド・フランスの運営に協力してくれたアンチドーピング団体に感謝したい。特にフランス・アンチドーピング機関と英国アンチドーピング機関、さらには世界アンチドーピング機関(WADA)とCADFもだ。情報共有のおかげで、検査範囲の有効性と全体的なアンチドーピングプログラムが改善された」と各団体の協力で、アンチドーピング検査が強化されたと評価している。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top