【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし

スポーツ 短信

【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし
  • 【ツール・ド・フランス14】2014年ツールのアンチドーピング検査、違反報告なし
  • マイヨジョーヌでシャンゼリゼを走るビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)
  • 最終第21ステージでは持ち前のスプリント力を遺憾なく発揮したマルセル・キッテル(ツール・ド・フランス14)
UCI(国際自転車競技連合)のもとで、2014年ツール・ド・フランスのアンチドーピング検査を行ってきた自転車競技アンチドーピング基金(CADF)は、すべてのアンチドーピング検査の結果が明らかになり、違反に相当する分析結果はなかったと報告した。

9月2日、UCIのプレスリリースが伝えている。

CADFは2014年のツールで計719の血液サンプル、尿サンプルを収集。なお、2013年は計622サンプルだった。このうち197はアスリート・バイオロジカルパスポートと医療監視のために競技前に集められ、522がレース中に収集された。

UCIのブライアン・クックソン会長は「2014年ツール・ド・フランスの運営に協力してくれたアンチドーピング団体に感謝したい。特にフランス・アンチドーピング機関と英国アンチドーピング機関、さらには世界アンチドーピング機関(WADA)とCADFもだ。情報共有のおかげで、検査範囲の有効性と全体的なアンチドーピングプログラムが改善された」と各団体の協力で、アンチドーピング検査が強化されたと評価している。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top