ランス・アームストロングがドーピングを認める | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ランス・アームストロングがドーピングを認める

バックナンバー 過去ニュース
 癌闘病を克服してツール・ド・フランスで前人未踏の7連覇をしたことで世界的な英雄となったランス・アームストロング(41=米国)がドーピングの事実を認めた。1月17日(日本18日)に放送された米国の人気テレビ番組「オプラーズネクストチャプター」に出演し、ドーピングを告白した。
「当時は間違ったことはしていないと信じていたが、多くの人を傷つけてしまった。今後は私の人生をかけて信頼の回復につとめたい」と語った。

 同選手は引退後も薬物使用の疑惑が取りざたされていたが、昨年に米国アンチドーピング委員会から薬物使用に関するレポートが公表され、すべてのレースの記録抹消とともに自転車競技界から永久追放された。
 アームストロングはこれまでドーピングしたことを否定し続けてきた。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top