【ジロ・デ・イタリア14】手負いも関係ない! 新城が阿修羅のアシスト | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ジロ・デ・イタリア14】手負いも関係ない! 新城が阿修羅のアシスト

スポーツ 短信

ジロ・デ・イタリア第18ステージ、エースのピエール・ローランを前方に送り込むためにメイン集団をけん引するヨーロッパカー
  • ジロ・デ・イタリア第18ステージ、エースのピエール・ローランを前方に送り込むためにメイン集団をけん引するヨーロッパカー
  • ジロ・デ・イタリア第18ステージ、下りでカメラに気が付く新城の後ろにはポイント賞ジャージのブアニがマーク
  • ジロ・デ・イタリア第18ステージ、ヨーロッパカーはチーム全員で先行集団を追う
ジロ・デ・イタリア第18ステージで新城幸也はヨーロッパカーのチームメートともにエースのピエール・ローランを鉄壁アシスト。区間13位でゴールしたローランは。総合成績で4位から3位に浮上した。仕事を終えた新城は区間111位でゴールした。

カテゴリー1級となる最初の山岳サンペッレグリーノに入り、前日に続いて山岳賞ジャージを着るトレックファクトリーのフリアン・アレドンド(コロンビア)らがアタック。サンペッレグリーノの山頂を過ぎて、キャノンデールのイバン・バッソ(イタリア)らを含むステージ優勝の可能性のある有力メンバー14名の逃げグループが形成された。

有力な逃げグループとメイン集団とのタイム差は6分ほど開くと、リーダージャージのナイロ・キンタナを擁するモビスターがメイン集団をコントロール。すぐ後ろに、ローランの総合順位を1つでも引き上げるためヨーロッパカーが続いた。

タイム差が縮まらないまま2級山岳を越え、最後の1級山岳ゴールに向けて、モビスターに代わってヨーロッパカーが先頭に立って猛追を開始。その中に新城も加わるが、落車の影響は感じさせない走りでエースのために全開で集団をけん引した。

最後の1級山岳に入り、チームの援護を受けたローランが自ら何度もアタック。しかし、先頭集団でアレドンドが逃げ切りした優勝。
《》

編集部おすすめの記事

page top