【ツール・ド・東北14】10年継続へ、世界最高峰のレースに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・東北14】10年継続へ、世界最高峰のレースに

イベント ツアー

ツール・ド・東北14のサイトがオープン
  • ツール・ド・東北14のサイトがオープン
  • ツール・ド・東北14のサイトがオープン
  • ツール・ド・東北14のサイトがオープン
  • ツール・ド・東北14のサイトがオープン
東日本大震災から3年が経過したが、東北をさらに盛り上げようという自転車イベント「ツール・ド・東北」が今年も開催される。主催は河北新報社、ヤフー。開催日は9月14日。スタート/ゴールは石巻専修大学。

5月9日、その詳細が明らかになった。

募集期間は6月10日(火)~6月24日(火)の予定。応募はインターネットからのみ。当選結果発表は7月1日に行う。募集人数は3000人で、応募者多数の場合は抽選となる。

コースは4種類。能力/意欲に合わせて用意する。最長は気仙沼フォンドで220km。南三陸フォンドが170km、北上フォンドが100km、女川・雄勝フォンドが60kmとしている。

エントリー料は、気仙沼フォンド1万5000円、南三陸フォンド1万1000円、北上フォンド9000円、女川・雄勝フォンド7000円。

昨年の前回イベントを受けて、ツール・ド・東北14は10年続くイベントにすることを目指すと同時に、10年というスパンで東北の復興に寄与していくことを掲げる。長く続けるには、一部のサイクリストだけでなく、幅広い参加者と賛同者が必要であり、2013年開催同様、参加者だけでなくボランティアやネットを通じた支援者とのつながりも大切にしていく考え。

最終的には、ツール・ド・東北を世界のトップライダーが集まるレースにまで成長させる意向を示している。


ツール・ド・東北13のようす
《土屋篤司》

編集部おすすめの記事

page top