ミラノ~サンレモで全選手が震災犠牲者に黙祷 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ミラノ~サンレモで全選手が震災犠牲者に黙祷

バックナンバー 過去ニュース
 3月19日にイタリアで開催された伝統レース、ミラノ~サンレモでスタート前に198選手が東北地方太平洋沖地震の犠牲者に黙祷を捧げた。最前列には日本のナショナルチャンピオンである宮澤崇史(33=ファルネーゼビニ)が日の丸を手にして立ち、静かに目を閉じた。
  •  3月19日にイタリアで開催された伝統レース、ミラノ~サンレモでスタート前に198選手が東北地方太平洋沖地震の犠牲者に黙祷を捧げた。最前列には日本のナショナルチャンピオンである宮澤崇史(33=ファルネーゼビニ)が日の丸を手にして立ち、静かに目を閉じた。
 3月19日にイタリアで開催された伝統レース、ミラノ~サンレモでスタート前に198選手が東北地方太平洋沖地震の犠牲者に黙祷を捧げた。最前列には日本のナショナルチャンピオンである宮澤崇史(33=ファルネーゼビニ)が日の丸を手にして立ち、静かに目を閉じた。

 102回目の開催となる同レースは現在行われている国際レースの最長距離となる298kmを走る。宮澤はスタート直後に他の3選手とともにアタックし、第一集団を形成。レース中盤で後続集団に10分以上の差をつけてゴールを目指している。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top