環境省・自然保護官の新しい制服をモンベルが製作 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

環境省・自然保護官の新しい制服をモンベルが製作

バックナンバー 過去ニュース
モンベルが環境省のレンジャーが着用する制服リニューアルにあたり、環境省との共同開発を行った。フィールド経験をものづくりに生かすモンベルの企画力が評価された。
  • モンベルが環境省のレンジャーが着用する制服リニューアルにあたり、環境省との共同開発を行った。フィールド経験をものづくりに生かすモンベルの企画力が評価された。
モンベルが環境省のレンジャーが着用する制服リニューアルにあたり、環境省との共同開発を行った。フィールド経験をものづくりに生かすモンベルの企画力が評価された。

環境省には、全国31カ所の国立公園の管理や野生生物の保護活動に取り組むレンジャーたちがいる。制服に対しては以前より「汗を吸わないし、乾きも悪い」など機能性に対する不満や、増加する女性レンジャーの「女性用サイズがほしい」といった要望が多かったこともあり、機能性の向上とデザインの改良を目的にモンベルと共同で制服リニューアルが行われた。

長ソデシャツでは、「驚異の速乾力」「優れた通気性」「ナチュラルな風合い」「消臭機能」という4つの特徴を持ち合わせたモンベル独自の素材「ウイックロン」をベースに生地を新開発。また、ストレッチ性かつ耐久性に優れたパンツや夏に快適な素材「ウイックロンライト」を採用した夏用の半ソデシャツも製作している。
(礒崎遼太郎)
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top