三和エナジーが女子チームのレディーゴージャパンと契約 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

三和エナジーが女子チームのレディーゴージャパンと契約

バックナンバー 過去ニュース

女子自転車レースチーム「レディーゴージャパン」が設立6年目を迎える2014年に新たなオフィシャルスポンサーとして、燃料販売メーカーの三和エナジーと契約したことを発表した。
  • 女子自転車レースチーム「レディーゴージャパン」が設立6年目を迎える2014年に新たなオフィシャルスポンサーとして、燃料販売メーカーの三和エナジーと契約したことを発表した。
女子自転車レースチーム「レディーゴージャパン」が設立6年目を迎える2014年に新たなオフィシャルスポンサーとして、燃料販売メーカーの三和エナジーと契約したことを発表した。

三和エナジーは建設作業場などを中心に燃料販売・配送事業を行う企業。同社が推進するバイオ燃料販売を通じたエコロジー活動の一環として、2012年から同チームを支援。

2014年からは昨今の健康増進効果だけでなく、排気ガスを出さないエコロジーな乗り物である自転車の可能性を広げる女子チームの協賛会社にシフトすることでさらなるエコロジー活動に乗り出す。同社の燃料配送事業に伴う交通安全啓蒙活動においてもチームが自転車教室やマナーアップ講座などを行う予定。

三和エナジーの上野瑞穂代表取締役社長は、「バイオ燃料販売をおこない自然環境を考える事業を、選手たちの元気な活動でエコロジーや交通安全啓蒙を続けてほしい」とエールを送った。

チーム運営を行う須藤むつみ氏は「自転車関連以外のメーカーが女子自転車チームの協賛となったのは初めてのケース。協力を得たことでチームの所属選手は、期待に沿える活動に一層励みます」と応えた。

三和エナジーでは、アメリカ・バイオブレンド社の生分解性メンテナンスオイルの輸入販売も行う。同製品は、安定性の高い植物油をベースとして特別な添加剤を加えることにより優れた熱安定性と酸化安定性を実現し、あらゆる環境下の使用にも優れた性能を発揮するように作られているという。同製品を自転車メンテナンス用とする開発も行っていて、女子チームもこの開発に携わることになっているという。
《編集部》
page top