全日本実業団栂池のヒルクライムTTは狩野智也が優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

全日本実業団栂池のヒルクライムTTは狩野智也が優勝

バックナンバー 過去ニュース
 第12回全日本実業団個人TTロード選手権大会が6月8日に長野県北安曇郡小谷村の栂池高原であり、狩野智也(34=スキル・シマノ)が優勝した。同大会は全長11.7Kmで、標高差875m、平均勾配7.5%の上り坂で行われる大会で、集団スタートのレースと個人タイムトライアルの
  •  第12回全日本実業団個人TTロード選手権大会が6月8日に長野県北安曇郡小谷村の栂池高原であり、狩野智也(34=スキル・シマノ)が優勝した。同大会は全長11.7Kmで、標高差875m、平均勾配7.5%の上り坂で行われる大会で、集団スタートのレースと個人タイムトライアルの
 第12回全日本実業団個人TTロード選手権大会が6月8日に長野県北安曇郡小谷村の栂池高原であり、狩野智也(34=スキル・シマノ)が優勝した。同大会は全長11.7Kmで、標高差875m、平均勾配7.5%の上り坂で行われる大会で、集団スタートのレースと個人タイムトライアルの合計タイムで争われる。
 狩野は07年10月に須走口で開催されたヒルクライムレースでも優勝している。日本の山岳スペシャリストと言われる狩野がその実力を見せつけた。

●第12回全日本実業団個人TTロード選手権大会
1 狩野智也(スキル・シマノ)1時間25分28秒
2 長沼隆行(ブリヂストン・アンカー)3秒遅れ
3 鎌田圭介(パールイズミ・スミタ・ラバネロ)1分21秒遅れ
4 真鍋和幸(NIPPO・エンデカ)1分39秒遅れ
5 秋山尚徳(masahikomifune.com)2分37秒遅れ
6 野寺秀徳(スキル・シマノ)2分38秒遅れ
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top