ヘラルド・サンツアー第4ステージ、廣瀬選手優勝! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヘラルド・サンツアー第4ステージ、廣瀬選手優勝!

バックナンバー 過去ニュース

JCF広報より、ヘラルド・サンツアーの続報。第4ステージ、廣瀬敏選手(愛三工業レーシング)がステージ優勝を飾った。カテゴリー1のレースでの大きな勝利となった。

レースは、冒頭から激しいアタック合戦になり、日本代表も三浦監督の指示通り、積極的に仕掛けていった。
やっと決まった先頭集団16名には、個人総合の上位選手は含まれず、ほぼ全ての有力チームからの選手が乗っており、日本からは清水、廣瀬選手が乗っていた。
ラスト25km、この集団内ではげしくアタックがかかりはじめ、集団は分裂、清水選手が引く形で先頭6名の集団が形成され、廣瀬選手は追撃の10名の集団で脚を休め、チャンスを伺う。
差も開き、このまま逃げ切るかというペースであったが、追撃10名がペースアップし、この6名を飲み込み、ここから廣瀬選手とオーストラリア人3名の4名が抜け出しラスト10kmに突入。
1名が脱落し、3名でのゴール勝負に持ち込まれたが、このために、うまく力をためていた廣瀬選手が競り勝ち、ステージ優勝を飾った。


---------------------------------------------
□ステージ結果

第4ステージ Mitchelton Winery to Benalla 178km
1 廣瀬 敏(愛三工業レーシング)  4.19.07 (41.31 km/h)

2 David Tanner (AustralianNational U23Team)
3 Peter McDonald (FRF Couriers-Caravello)

11 清水良行(Team NIPPO) 1.25
24 中島康晴(鹿屋体育大学) 9.16
31 増田成幸(ミヤタ・スバル)
44 辻 善光(立命館大学)
53 飯島 誠(ブリヂストン・アンカー)
70 阿部良之(スキル・シマノ)

個人総合[第4ステージ終了時]
1 Karl Menzies (Health Net Presented By Maxxis )  14.09.24
2 Tobias Erler (Giant Asia Racing Team)   0.04
3 Dominique Rollin (Canadian National Team) 0.15

21 廣瀬 敏(愛三工業レーシング) 21.2
44 飯島 誠(ブリヂストン・アンカー)29.50
60 阿部良之(スキル・シマノ)   31.00
70 増田成幸(ミヤタ・スバル) 33.23
75 清水良行(Team NIPPO) 33.44
90 中島康晴(鹿屋体育大学) 37.48
91 辻 善光(立命館大学)58.24

※辻選手が落車、自転車は大破したが、懸命の走りで、集団と同タイムでゴールした。
次のステージも、代車で出走する予定。
《編集部》
page top