Team VANG福島晋一選手、総合首位に! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Team VANG福島晋一選手、総合首位に!

バックナンバー 過去ニュース

日本代表チームで遠征中のTeam VANGより、ツール・ド・インドネシアのレポートが届いた。難関の第4ステージで、福島晋一選手が総合リーダーとなった。
  • 日本代表チームで遠征中のTeam VANGより、ツール・ド・インドネシアのレポートが届いた。難関の第4ステージで、福島晋一選手が総合リーダーとなった。
日本代表チームで遠征中のTeam VANGより、ツール・ド・インドネシアのレポートが届いた。難関の第4ステージで、福島晋一選手が総合リーダーとなった。

254kmと長く、1500mの峠越えが2回も含まれているという難関ステージ。福島晋一が第2ステージに続き、2位で表彰台に上がった。
そしてこれで個人総合でついにリーダー! 第5ステージはリーダーの証、イエロージャージで出走する。
また、山岳賞は福島康司。この日設定された山岳賞ポイントを2回とも1位通過した。


第一ステージは無難にこなして昨日の第2ステージは20人のスプリント、ステージ2位に入りました。
200mから先行したが元オムニバイクのスプリンターがいてあっさりさされました。最近、スプリンターに目覚めていたのだが…
冗談はさておき、今日は16kmアップダウンで標高差800mの登りを越えてから40kmでゴール。山頂を飯島さんと10人で越えた後、下りで飯島さんが2人で逃げて、逃げ切ってステージ優勝。自分のアシストをしてくれながらの優勝でした。
自分は最後に集団に追いつかれて集団ゴール。ステージ3位にモンゴリアンのオジーが入って、同タイムのリーダー! 自分は同タイムで総合2位。
明日は524km1500mの峠越え2回。このメンバーでこれは殺人的です。康司は逃がしてもらえないけど、今日は良く集団を引きました。
明日はどんな一日になるのだろう! まあ、楽しくやっています。
(第3ステージ終了後、福島晋一選手コメント)


----------------------------------------------------------
UCI Asia tour 2.2
2006.08.27- 2006.09.04
Djisamsoe Tour d'Indonesia

□日本代表メンバー
福島晋一
福島康司
飯島誠選手(ブリヂストンアンカー)
三船雅彦選手(ミヤタ・スバル)
廣瀬敏選手(愛三工業レーシング)

□第4ステージリザルト
2位 福島晋一
3位 福島康司 +7秒
9位 飯島誠(ブリヂストンアンカー)+3分8秒
《編集部》
page top