【陸上】ニュースまとめ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【陸上】に関するニュースまとめ一覧

Wikipedia引用 "陸上競技(りくじょうきょうぎ、英語:athletics)は、走る、跳ぶ、投げる、歩くなど、ほとんど道具を使わず、基本的な体力などを勝負に、地上での記録を競うスポーツ。単に陸上と呼ぶことも多い。"

「ナイキ エア ズーム ペガサス 34」が選ばれる理由…30年以上ランナーに愛されるシリーズ 画像
新着

「ナイキ エア ズーム ペガサス 34」が選ばれる理由…30年以上ランナーに愛されるシリーズ

30年以上に渡り、世界中のアスリートを支えてきたランニングシューズがある。

実業団で輝く10代最速ランナー遠藤日向…目指すは東京五輪 画像
スポーツ

実業団で輝く10代最速ランナー遠藤日向…目指すは東京五輪

実業団ランナーになって最初の日本選手権は2位に終わった。

大迫傑はオレゴンで進化する…メダリストと鍛えた世界レベルの走り 画像
オピニオン

大迫傑はオレゴンで進化する…メダリストと鍛えた世界レベルの走り

「日本選手権は毎年独特の緊張感があるのですが、去年の方が思いは強かったですね。ただ今年はそれ以上にリラックスしていたので、去年より力みなく走れたと思います」

服部勇馬が目指すもの…箱根駅伝“花の2区”からマラソンへ 画像
オピニオン

服部勇馬が目指すもの…箱根駅伝“花の2区”からマラソンへ

「次は福岡国際マラソンに出場する予定になっています。そこでまず東京オリンピックの(日本代表)選考の舞台の切符を勝ち取ることが一番の目標です」

31歳のスプリンター藤光謙司、リレーで代表候補に…男子200mで2位 画像
スポーツ

31歳のスプリンター藤光謙司、リレーで代表候補に…男子200mで2位

「ケガをするという恐怖心が頭の隅に引っかかっている」とレース後に藤光謙司(ゼンリン)は苦笑いした。

サニブラウン、二冠達成で世界に挑む…日本選手権200mでも圧巻の走り 画像
スポーツ

サニブラウン、二冠達成で世界に挑む…日本選手権200mでも圧巻の走り

前日の男子100mは大会タイ記録を叩き出して優勝した18歳、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)が男子200mも制して二冠を達成した。

山縣亮太、男子100m6位に歯がゆさ「とにかく鍛え直したい」 画像
スポーツ

山縣亮太、男子100m6位に歯がゆさ「とにかく鍛え直したい」

レース後に「とにかく鍛え直したい」と何度も繰り返した山縣亮太(セイコー)。日本短距離界の実力者は、後輩の躍進に喜びを感じつつも歯がゆさも見せた。

サニブラウン、男子100mを10秒05で優勝「9秒台はそのうち出せれば」 画像
スポーツ

サニブラウン、男子100mを10秒05で優勝「9秒台はそのうち出せれば」

「レース前はものすごく楽しみで、ワクワクしている感じが止まらなかった」。緊張よりも楽しみが増したサニブラウン・ハキーム(東京陸協)が第101回日本陸上競技選手権大会の男子100m決勝を制した。

出るか100m9秒台!桐生、ケンブリッジ、山縣、多田ら史上最高レベルの戦い、23日開幕 画像
スポーツ

出るか100m9秒台!桐生、ケンブリッジ、山縣、多田ら史上最高レベルの戦い、23日開幕

日本陸上競技選手権が6月23日から25日にかけて開催される。会場はヤンマースタジアム長居。主催は日本陸上競技連盟。今回はいよいよ日本人による100m9秒台が叩き出されるのではないかと期待が高まっている。

走り幅跳び・澤田優蘭、日本パラ陸上競技選手権で日本新記録 画像
スポーツ

走り幅跳び・澤田優蘭、日本パラ陸上競技選手権で日本新記録

マッシュスポーツラボに所属する澤田優蘭が、6月10日(土)に行われた「第28回日本パラ陸上競技選手権大会」の走り幅跳び(T12クラス)で日本新記録をマークした。

AAA・宇野実彩子、ホノルルマラソン出場を宣言!「今の自分を越えて行きたい」 画像
スポーツ

AAA・宇野実彩子、ホノルルマラソン出場を宣言!「今の自分を越えて行きたい」

男女6人グループのAAA・宇野実彩子さんが5月19日、インスタグラムを更新。今年12月のホノルルマラソンに出場すると宣言している。

山縣亮太が9秒台の世界へ向かって走るセイコー新企業CM 5/21公開 画像
スポーツ

山縣亮太が9秒台の世界へ向かって走るセイコー新企業CM 5/21公開

セイコーホールディングスは、社員アスリートの山縣亮太を起用した新しい企業CM「ただの数字じゃない。Dreamers篇」を5月21日(日)に公開する。

セイコーゴールデングランプリ陸上出場選手が小学校を訪問 画像
イベント

セイコーゴールデングランプリ陸上出場選手が小学校を訪問

5月21日(日)に開催される「セイコーゴールデングランプリ陸上 2017 川崎」に先立ち、出場選手が川崎市立新町小学校を訪問した。

塚原直貴&藤光謙司が登壇「セイコーゴールデングランプリ陸上」開幕記念トークショー開催 画像
イベント

塚原直貴&藤光謙司が登壇「セイコーゴールデングランプリ陸上」開幕記念トークショー開催

日本陸上競技連盟は、「セイコーゴールデングランプリ陸上 2017 川崎」の開幕を記念したスペシャルトークショーを5月19日(金)にラゾーナ川崎プラザにて開催する。

大迫傑が海外に練習拠点を移した理由には、あるスポーツの存在があった 画像
スポーツ

大迫傑が海外に練習拠点を移した理由には、あるスポーツの存在があった

4月17日に開催されたボストンマラソンで、初マラソンにもかかわらず3位入賞(2時間10分28秒)し、世間の耳目を集めた大迫 傑(すぐる)選手。5月2日に報道陣のインタビューに応じている。

ドーピング発覚なら記録はどうなる…英陸連会長が世界記録の見直しを提案 画像
スポーツ

ドーピング発覚なら記録はどうなる…英陸連会長が世界記録の見直しを提案

選手が禁止薬物使用で罰せられた場合、彼らの残した記録はどう扱うべきなのか。英国陸上競技連盟のエド・ワーナー会長は、現在の世界記録を見直すべきだと提言する。

元陸上選手・為末大、朝原宣治...アスリート妻・押切もえへアドバイス 画像
イベント

元陸上選手・為末大、朝原宣治...アスリート妻・押切もえへアドバイス

モデルの押切もえさんらが4月20日、「アクティブヘルシー」第一号認定記念 アスリートブレーンズ推奨商品認定発表会に登壇した。

アシックス、桐生祥秀に陸上短距離用スパイクシューズ提供 画像
新着

アシックス、桐生祥秀に陸上短距離用スパイクシューズ提供

アシックスジャパンは、東洋大学の桐生祥秀が着用する陸上短距離用スパイクシューズを新たに開発し、提供した。

押切もえ、夫のロッテ・涌井秀章を食事面でサポート「どういうものがいいのか勉強しながら…」 画像
イベント

押切もえ、夫のロッテ・涌井秀章を食事面でサポート「どういうものがいいのか勉強しながら…」

モデルの押切もえさん、元陸上選手の為末大さん、朝原宣治さんが4月20日、「アクティブヘルシー」第一号認定記念 アスリートブレーンズ推奨商品認定発表会に登壇した。

室伏広治インタビューを笹川スポーツ財団が公開「ハンマーの軌道が気持ちいい」 画像
スポーツ

室伏広治インタビューを笹川スポーツ財団が公開「ハンマーの軌道が気持ちいい」

笹川スポーツ財団は、ハンマー投げ金メダリストの室伏広治スペシャルインタビューを公開した。

「マインドセット」が変わると前提が変わり、行動が変わり、結果に差が出る…為末大 画像
スポーツ

「マインドセット」が変わると前提が変わり、行動が変わり、結果に差が出る…為末大

野茂英雄さんが1995年にメジャーリーグに挑戦されました。それまでは日本人がメジャーで活躍するのは難しいだろうという意見がありましたが、実際に活躍されると同時に、日本人メジャーリーガーが少しずつ増え、今ではもうたくさんの選手がメジャーリーガーになりました。

【インタビュー】サッカー日本代表コーチ&青学陸上部トレーナーに聞く…仕事の苦労と喜び 画像
オピニオン

【インタビュー】サッカー日本代表コーチ&青学陸上部トレーナーに聞く…仕事の苦労と喜び

アスリートがトレーニングに欠かせないものに、コーチやトレーナーの存在がある。メディアから注目される選手や監督の影に隠れ、表に出る機会は少ないが彼らの力無くして一流選手は育たない。

青学陸上競技部・原晋監督が最優秀コーチ賞を受賞…ジャパンコーチズアワード 画像
イベント

青学陸上競技部・原晋監督が最優秀コーチ賞を受賞…ジャパンコーチズアワード

ドームが特別協賛するジャパンコーチズアソシエーションは、「第4回ジャパンコーチズアワード」を2017年3月4日(土)にザ・プリンス パークタワー東京にて開催した。

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(後編) 画像
オピニオン

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(後編)

2016年8月19日。リオデジャネイロ五輪陸上男子4×100mリレー決勝の大舞台で、日本代表のアンカーとしてバトンを受け取ったケンブリッジ飛鳥選手。3人の仲間とともに日本陸上界の歴史に残る銀メダルを手に入れた彼は、2017年からプロ選手としての道を歩みだした。

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(前編) 画像
オピニオン

【インタビュー】ケンブリッジ飛鳥、100m9秒台への挑戦(前編)

2016年8月19日。リオデジャネイロ五輪陸上男子4×100mリレー決勝の大舞台で、日本代表のアンカーとしてバトンを受け取ったケンブリッジ飛鳥選手。3人の仲間とともに日本陸上界の歴史に残る銀メダルを手に入れた彼は、2017年からプロ選手としての道を歩みだした。

陸上・大迫傑、明治とサポート契約を締結 画像
スポーツ

陸上・大迫傑、明治とサポート契約を締結

明治は、長距離陸上選手の大迫傑とサポート契約を締結した。

幅跳び・芦田創、テニス・三木拓也が踊る動画「TOYOTAでGO!GO!GO!」公開 画像
エンタメ

幅跳び・芦田創、テニス・三木拓也が踊る動画「TOYOTAでGO!GO!GO!」公開

トヨタ自動車は、幅跳びの芦田創やテニスの三木拓也らが出演する動画「TOYOTAでGO!GO!GO!」をYouTubeにて公開した。

ウサイン・ボルト、4度目のローレウス賞を受賞「最高の賞」 画像
スポーツ

ウサイン・ボルト、4度目のローレウス賞を受賞「最高の賞」

世界のスポーツ界で活躍した個人や団体に贈られる『ローレウス賞』が発表され、陸上の男子100メートル、200メートルで五輪3連覇を達成したウサイン・ボルトが男子の年間最優秀選手に選ばれた。

ジャマイカの金メダル剥奪、それでもボルトの偉大さは変わらず 画像
スポーツ

ジャマイカの金メダル剥奪、それでもボルトの偉大さは変わらず

金メダルがひとつ減っても、それでウサイン・ボルトの偉大さが変わるわけではない。元男子400メートル世界記録保持者のマイケル・ジョンソン氏が、ジャマイカチームの金メダル剥奪に言及した。

ウサイン・ボルト、迫るラストラン「最後のシーズンを楽しむ」 画像
スポーツ

ウサイン・ボルト、迫るラストラン「最後のシーズンを楽しむ」

2017年8月に行われる世界陸上競技選手権大会を最後に、現役を引退するジャマイカのウサイン・ボルトが、改めて最後のシーズンへの想いを語った。

ブリヂストンサイクル、レーシングチーム・サポート選手の体制発表 画像
スポーツ

ブリヂストンサイクル、レーシングチーム・サポート選手の体制発表

ブリヂストンサイクルは、東京オリンピック・パラリンピックに向けた2017年のレーシングチーム、サポート選手の体制を発表した。

名勝負や選手を振り返る「日本陸上競技選手権100回記念誌」を限定発売 画像
スポーツ

名勝負や選手を振り返る「日本陸上競技選手権100回記念誌」を限定発売

日本陸上競技連盟は、日本選手権の名場面や記録・レジェンド選手を振り返るメモリアルブック「日本陸上競技選手権100回記念誌」を限定発売した。

山の神になれなかった内田翼…社会人として次なる夢に挑む 画像
スポーツ

山の神になれなかった内田翼…社会人として次なる夢に挑む

新新山の神、神野大地が卒業した青山学院大。3連覇がかかった箱根駅伝で原晋監督がその後継者として期待したのが4年生の内田翼。三大大会は一度も出場したことがなかったが、上りに関してはチーム随一の実力を秘めていた。

青学陸上部がマラソン界に本格参戦…2月の東京に下田、3月のびわ湖に一色 画像
スポーツ

青学陸上部がマラソン界に本格参戦…2月の東京に下田、3月のびわ湖に一色

大学駅伝三冠、箱根駅伝3連覇の青山学院大が、この冬はマラソン界に殴り込み。一色恭志、秋山雄飛(以上4年)、下田裕太、中村祐紀(以上3年)が2月から3月にかけて国内マラソンレースに挑戦する。

室伏広治、アスリートファーストの視点で東京五輪・パラリンピックのサポート誓う 画像
スポーツ

室伏広治、アスリートファーストの視点で東京五輪・パラリンピックのサポート誓う

陸上競技ハンマー投げの金メダリストで、東京五輪・パラリンピック組織委員会スポーツディレクターの室伏広治氏(42)が「開催費負担など東京都・組織委員会・政府の三者で今後も話し合いを続けるが、アスリートファーストの視点で大会をサポートしていきたい」と語った。

陸上王者ファラー、騎士爵授与に感激「夢見たこともなかった」 画像
スポーツ

陸上王者ファラー、騎士爵授与に感激「夢見たこともなかった」

陸上男子5000メートル、1万メートルでオリンピック連覇を達成したモハメド・ファラーは、新年の叙勲でナイト(騎士)の爵位を授与される。この栄誉に興奮した様子で喜びを語った。

箱根駅伝3連覇、青山学院大が完全優勝 画像
スポーツ

箱根駅伝3連覇、青山学院大が完全優勝

第93回箱根駅伝は1月3日に復路のレースが行われ、往路優勝を果たした青山学院大が1度もトップを譲ることなくゴール。総合11時間4分10秒で大会3連覇を達成した。

ボルトが2016年のアスリートオブザイヤーに…女子は体操のバイルス 画像
スポーツ

ボルトが2016年のアスリートオブザイヤーに…女子は体操のバイルス

陸上競技のウサイン・ボルト(ジャマイカ)がAIPS・国際スポーツプレス協会が選出する2016年のアスリートオブザイヤーに決まった。ボルトは史上最多となる6度目の受賞。女子はリオ五輪の体操競技で4つの金メダルを獲得したシモーネ・バイルス(米国)で初めての受賞。

【インタビュー】パラリンピアン佐藤圭太、4年後の金メダルに向けて 画像
スポーツ

【インタビュー】パラリンピアン佐藤圭太、4年後の金メダルに向けて

陸上トラックと義足開発施設が併設された画期的なランニング施設『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』が12月10日にオープンした。リオデジャネイロパラリンピック陸上男子400mリレーで銅メダルを獲得した佐藤圭太選手にとって、新しい活動拠点のひとつになる。

【インタビュー】競技用義足エンジニアに聞く…障がい者はもっと速く走れるようになる 画像
オピニオン

【インタビュー】競技用義足エンジニアに聞く…障がい者はもっと速く走れるようになる

「楽しみです、ほんとに。今までこういったところはなかったです」と競技用義足エンジニアの遠藤謙さんは頬をゆるめる。12月10日、東京・豊洲に画期的なランニング施設『新豊洲Brilliaランニングスタジアム』がオープンした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top