ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生

スポーツ 短信
ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
  • ジャパンパラ陸上競技大会が福島で初開催!新記録が多数誕生
パラスポーツ競技大会「Wold Para Athletics 公認 2017ジャパンパラ陸上競技大会」が9月23日(土)、24日(日)、福島県のとうほう・みんなのスタジアムにて開催された

「ジャパンパラ陸上競技大会」は、パラアスリートの陸上競技の競技力向上のために開催されている日本国内最高峰のパラスポーツ競技大会だ。今年は初めて福島県で開催され、2日間で計332名が出場。福島県出身の選手をはじめ、リオパラリンピックや世界パラ陸上 2017のメダリストなどが多数出場した。

2日間を通して、世界記録を2種目で更新。日本記録は16種目、アジア記録は12種目で更新された。大会では多くの記録が生まれ、福島県出身の佐々木真菜がT13クラス200mでアジア記録と日本記録を更新。

T47クラス200mに出場した辻沙絵、世界パラ陸上2017の4×100mリレーで銅メダルを獲得したメンバーでもある芦田創、佐藤圭太、多川知希、池田樹生をはじめとした選手が68種目で大会記録を更新した。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top