【野球】ダル、大谷、朗希に続く東北の新怪腕に脚光 秋田・明桜のエース風間球打が世代最速157キロをマーク | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【野球】ダル、大谷、朗希に続く東北の新怪腕に脚光 秋田・明桜のエース風間球打が世代最速157キロをマーク

スポーツ 短信
【野球】ダル、大谷、朗希に続く東北の新怪腕に脚光 秋田・明桜のエース風間球打が世代最速157キロをマーク
  • 【野球】ダル、大谷、朗希に続く東北の新怪腕に脚光 秋田・明桜のエース風間球打が世代最速157キロをマーク

第103回全国高校野球選手権(8月9日開幕・甲子園)の地方大会が連日行われており、18日の秋田大会ではノースアジア大明桜3年の風間球打(きゅうた)投手が、準々決勝・秋田戦で世代最速となる157キロをマークし、4強進出に貢献した。


沖縄大会では沖縄尚学が決勝で中部商を5-2で下し、甲子園一番乗りを決めた。


◆熱い高校野球が戻る日まで それでも球児は「夏」を目指す


■藤川球児氏「高校生の成長スピードは計り知れない」


4回2死走者なしで迎えた秋田高4番・佐藤大誠との対決。明桜のエース右腕、風間はカウント1ボール2ストライクから渾身の直球を投じ、空振り三振に切って取った。そして、次の瞬間、こまちスタジアムに詰めかけた4000人がどよめいた。スコアボードに灯された数字は「157キロ」。高知・森木大智投手、大阪桐蔭関戸康介投手(ともに3年)が計測した154キロを上回り世代最速となった。


風間は11日の能代戦で自己最速タイとなる153キロを投じており、1週間で4キロの球速アップをやってのけた。野球解説者の藤川球児氏も自身のTwitterを更新し、「秋田の風間球打投手が157km! 高校生の成長スピードは計り知れない」と記し、長足の進歩に驚きを隠せないようだった。


■世代最速の157km/hは“みちのくの怪腕伝説”継承者の証


チームは延長10回4-3で勝利し、21日の準決勝へ進出。風間は気温30度を超える中、10回をひとりで投げ抜き、155球7安打3失点自責点2と気迫のピッチングを見せた。この日は今秋のドラフト候補をチェックすべく、プロ球団のスカウトがずらり。風間の投球に高い評価を与えたようだった。


高校時代に157キロを計測した投手は安楽智大済美)らがおり、大谷翔平花巻東)は160キロを記録。最速は佐々木朗希大船渡)の出した163キロとなっている。


ダルビッシュ有東北)、菊池雄星(花巻東)、大谷のメジャー勢をはじめ、佐藤由規仙台育英)や吉田輝星金足農)、佐々木ら好投手を次々と輩出する東北。みちのくの怪腕伝説を継承する風間に今後も注目が集まりそうだ。


■甲子園一番乗りは沖縄尚学


沖縄大会では沖縄尚学が、西武山川穂高の母校、中部商を5-2で撃破し、全国でトップを切って甲子園切符をつかんだ。


2点をリードされる苦しい展開だったが、4回に前盛魁来(2年)の同点打で追いつくと、5回に仲宗根皐(3年)のタイムリーで逆転。9回にも追加点を挙げ、ノーシードから勝ち上がってきた相手を振り切った。2019年大会以来、2大会連続9度目の出場となるが、2年前の甲子園では1回戦で習志野(千葉)に屈しており、今回リベンジに燃えている。


◆「打倒“ルイ・ヴィトン”」 王者・東海大菅生を追い詰めた東京成徳大高の小さな左腕


◆背番号「18」VS「10」の決勝戦 様変わりしつつある高校野球を考える


◆センバツで剛腕2投手がともに異変 高校野球界“エース頼み”脱却の流れ加速か


文・SPREAD編集部

《SPREAD》
page top