#スポーツを止めるなムーブメントの発展を目指す一般社団法人設立…トップアスリートによる教育プログラムを実施 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

#スポーツを止めるなムーブメントの発展を目指す一般社団法人設立…トップアスリートによる教育プログラムを実施

スポーツ 短信
コロナ禍をきっかけにはじまったスポーツを止めるなムーブメントをさらに大きく広げていくための推進母体として、「一般社団法人スポーツを止めるな」が設立された。

スポーツを止めるなムーブメントは、コロナ禍で大会が中止となり、進学に向けたアピールの場を失った高校生アスリートに向けて、大会に代わるプレーアピールの機会を提供するために始まった「#ラグビーを止めるな2020」が元になっている。ラグビー元日本代表の野澤武史氏、廣瀬俊朗氏を中心としたメンバーにより、ラグビーとバスケットボールの2競技でスタートした。

高校生が自身のプレーアピール動画を作成し、Twitterに#ラグビーを止めるな2020をつけてアップすると、それを有名選手やラグビーファン、関係者がRTし、進学のチャンスにつなげるという取り組みを元に、現在は競技の垣根を越えたスポーツを止めるなムーブメントとして広がっている。

一般社団法人スポーツを止めるなは、このムーブメントを一過性のもので終わらせず、より拡大、発展させるための推進母体となるために設立。選手が安全にプレーをアピールできるシステムの開発、思い出の試合に本格的な解説と実況を付けてプレゼントする青春の宝プロジェクト、トップアスリートによる現代を生きる力をつける教育プログラムなどに取り組んでいく。

代表理事は元ラグビー日本代表の野澤武史氏、共同代表理事は元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗氏が務める。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

スポーツ アクセスランキング

  1. 夏の高校野球で起きた、珍記録5選

    夏の高校野球で起きた、珍記録5選

  2. Jリーグクラブがボランティアに依頼している活動は「終了後清掃」がトップ

    Jリーグクラブがボランティアに依頼している活動は「終了後清掃」がトップ

  3. 本田圭佑、努力を続けるための秘訣とは「実現できない夢を持つこと」

    本田圭佑、努力を続けるための秘訣とは「実現できない夢を持つこと」

  4. 【THE ATHLETE】世界が興奮!ラグビー日本代表の大金星、ラストワンプレーで大逆転を遂げた強い心

  5. 【世界陸上2017】ボルトが感じた肉体の変化、現役続行は完全否定「身体が終わりだと言っている」

  6. プロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」をスカイAが放送

  7. 「ひっかけがいがある」槙野が那須・ワッキーのドッキリにまんまとひっかかる

  8. 澤穂希、引退理由は「心と身体の不一致」

  9. ラグビー日本代表、練習量の多さに選手たちは「もうやりたくない」

  10. 吉田麻也の元同僚が名門を語る「セルティックは至高。ありえない雰囲気」

アクセスランキングをもっと見る

page top