健常者と障がい者がタスキを繋ぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」開催決定…チーム募集を全国に拡大 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

健常者と障がい者がタスキを繋ぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」開催決定…チーム募集を全国に拡大

スポーツ 短信
パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は、健常者と障がい者がタスキを繋ぐ「パラ駅伝 in TOKYO 2019」を2019年3月24日(日)に開催することを決定した。

「パラ駅伝 in TOKYO」は、障がいのあるランナーと健常者のランナー9名(伴走ランナー1名含む)がチームをつくり、タスキをつないでゴールを目指すパラスポーツイベントだ。第4回目の開催となる今回は、規模を拡大。これまで関東近県にて行ってきたチーム募集を全国に拡大して行う。

会場は、駒沢オリンピック公園陸上競技場及びジョギングコース。1区間2.34km(各区間共通)×8区間。合計18.72kmをタスキを繋いで走る。参加チームは20チームを予定。なお、チーム募集の案内は、都道府県の当該部署へ行っているため、個人単位での申込は不可。一般観戦者のチケット情報、ボランティア募集等は、詳細が決まり次第発表される予定だ。

《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 本田真凜、メドベージェワと“浴衣2ショット”に反響「なんて艶やか!」

    本田真凜、メドベージェワと“浴衣2ショット”に反響「なんて艶やか!」

  2. 原口元気、沖縄・西表島へ夫婦で旅行「自然にパワーと癒しをもらってます」

    原口元気、沖縄・西表島へ夫婦で旅行「自然にパワーと癒しをもらってます」

  3. 6歳の天才少女ゴルファーの集中力が常軌を逸している「トイレに行くのも忘れておしっこを漏らす」

    6歳の天才少女ゴルファーの集中力が常軌を逸している「トイレに行くのも忘れておしっこを漏らす」

  4. 浦和レッズ・李忠成、GLAYのTERUとの2ショット披露「あなたの青春ソングは?」

  5. イチローの”元恋人”、本人からもらったグッズをもし売ったら1020万円!?

  6. 本田真凜、メドベージェワと‘美少女2ショット’に反響「可愛すぎ失神!」

  7. 稲村亜美、自身の投球(?)を満点評価「今日は100点。球速160kmは出たかな」

  8. 「カナダでの8年間、さようなら」ハビエル・フェルナンデスが引退試合を前にカナダへ別れ

  9. 長友佑都、新シーズンへ向け渡欧…ラブラブ2ショットに反響「愛梨ちゃん幸せなお顔してますね!」

  10. オクタウェル、東京ヴェルディとスポーツ栄養指導でパートナーシップ契約を締結

アクセスランキングをもっと見る

page top