青山学院大、マラソン9勝ウィルソン・キプサングと走り刺激…adizero SPEED SUMMIT | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

青山学院大、マラソン9勝ウィルソン・キプサングと走り刺激…adizero SPEED SUMMIT

箱根駅伝を席巻したランナーたちが、昨年の東京マラソンを制したトップランナーと走った。

イベント スポーツ
「adizero(アディゼロ)」シリーズの試走イベントにウィルソン・キプサング選手が参加
  • 「adizero(アディゼロ)」シリーズの試走イベントにウィルソン・キプサング選手が参加
  • 「adizero(アディゼロ)」シリーズの試走イベントにウィルソン・キプサング選手が参加
  • 「adizero(アディゼロ)」シリーズの試走イベントにウィルソン・キプサング選手が参加
  • 青山学院大、マラソン9勝ウィルソン・キプサングと走り刺激…adizero SPEED SUMMIT
  • 青山学院大、マラソン9勝ウィルソン・キプサングと走り刺激…adizero SPEED SUMMIT
  • 青山学院大、マラソン9勝ウィルソン・キプサングと走り刺激…adizero SPEED SUMMIT
  • 青山学院大、マラソン9勝ウィルソン・キプサングと走り刺激…adizero SPEED SUMMIT
  • 青山学院大、マラソン9勝ウィルソン・キプサングと走り刺激…adizero SPEED SUMMIT
箱根駅伝を席巻したランナーたちが、昨年の東京マラソンを制したトップランナーと走った。

アディダスジャパンは「自分の限界を超えろ。」をコンセプトに、ランナーを速くするためのシューズ「adizero(アディゼロ)」シリーズの試走イベントを、1月21日に明治神宮外苑にて開催した。

昨年の東京マラソンを制し、フルマラソン通算9勝をあげたウィルソン・キプサング選手が、制限タイムが最も速いレベル5のレースにペーサーとして参加。さらに、今年の箱根駅伝で4連覇を成し遂げた青山学院大学の選手たちもレースに参加した。



キプサング選手は青山学院大学の選手たちの走りについて、「力強い走りをしていた。一緒にトレーニングできたことを素晴らしく思う」と語った。世界のトップランナーとともに走った梶谷瑠哉選手(4区)は、「走りを見ていて、世界トップレベルの走り方は違うと感じた。同じ1km3分のペースで走っていても余裕があった」と話す。

また、林奎介選手(7区)は「コーナーなど、普通は速度が落ちるところで加速していた。そこで周りとの差をつけていくのだと、レースの運び方を学べた」と、どの選手も刺激を受けている様子だった。

ランナーたちの背後には、建設中の新国立競技場


「一般の方と走ることはなかなかない。応援してもらえているということを実感できる場としても、大切な機会だと思う」と小野田勇次選手(6区)。レース中は、沿道から声援を送る選手や、ともに走りながら一般ランナーを鼓舞する選手が多く見られた。

各レベルで優勝した6人の一般ランナーに、キプサング選手は「次世代のチャンピオンの方々と一緒に走れたことを誇りに思う。私も以前はチャンピオンを目指す立場だった。みなさんもトレーニングを続ければチャンピオンになることができると思う」と呼びかけた。

《山本有莉》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top