アディダス契約のウィルソン・キプサング、新シューズで東京マラソン優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アディダス契約のウィルソン・キプサング、新シューズで東京マラソン優勝

新着 製品/用品
アディダス契約のウィルソン・キプサング、新シューズで東京マラソン優勝
  • アディダス契約のウィルソン・キプサング、新シューズで東京マラソン優勝
アディダスは、契約アスリートのウィルソン・キプサングが新シューズ「adidas adizero Sub2(アディダス アディゼロ サブツー)」を着用し、東京マラソンで優勝したことを発表した。

キプサングは、日本国内初の2時間3分台を記録。着用シューズの「adizero Sub2」は、2時間の壁を打破するアスリートを念頭にデザインされた同社最新ランニングシューズで、エナジー・ブルーの限定カラーを含め、現時点で存在するのは一足のみとなる。

同社のInnovation Technologies部門は、adizero Sub2の開発にあたり、様々な温度や環境、異なる地表での最新素材の性能を調査しており、ウィルソン・キプサングを含む一流アスリートたちとともに厳しいテストや共同開発を行ってきた。

adizero Sub2は、同社のランニング・テクノロジーを高速で軽量なかたちで提供するだけでなく、新たなイノベーション「BOOST Light」のデビューを飾る商品となる。BOOST Lightは、レース本番での一流アスリートによる着用を想定して特別設計されており、同社史上最軽量のミッドソール素材を搭載している。

軽量ファブリックの単層構造となるシューズのアッパー部分には、より軽くなったメッシュ素材と内部補強材に加えて、スピードランナーに適したサポート、快適性、フィット感を生み出すべく、さらなる進化を遂げたマイクロフィットをフィーチャーしている。

ストレッチウェブアウトソールの進化型となるコンチネンタル マイクロウェブ アウトソールは、レース条件にかかわらず、ハイレベルなグリップを提供。僅かなスリップによるエネルギーの無駄な消費も食い止める。

「adidas adizero Sub2」は、年内の一般販売を予定している。詳細は、Instagram、Twitter、Facebook等のSNSで発表予定だ。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top