横浜FM齋藤学、逆境でも何ひとつ諦めない「ロシアW杯も、マリノスの優勝も、海外でのプレーも」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

横浜FM齋藤学、逆境でも何ひとつ諦めない「ロシアW杯も、マリノスの優勝も、海外でのプレーも」

スポーツ 選手

齋藤学 参考画像
  • 齋藤学 参考画像
横浜F・マリノスが9月26日にMF齋藤学のケガを右ヒザ前十字靱帯損傷と発表した。全治までは8ヶ月かかる見込みで、今季中の復帰は元より来季の開幕戦も難しい重傷だった。

齋藤は23日に行われたヴァンフォーレ甲府戦で負傷交代。翌日横浜市内の病院で検査を受けた結果、靱帯損傷と診断された。チームの発表を受けて齋藤も26日にツイッターを更新。「怪我しました」と端的な言葉から始まる文章は、「多くの人の期待を裏切る事と共に、自分自身の目標だったことが遠のいていく辛さ」と2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)出場やマリノス久々の優勝への責任、焦りを感じさせた。

それでも齋藤は「でも、ロシアのW杯もマリノスの優勝も、海外でのプレーも諦めずに追いたいと思います」と力強く前だけを見る。



齋藤の投稿にファンからは、「学選手の夢はマリサポの夢でもある。一緒に追わせて下さい」「とにかく1秒でも早く痛みが消えますように。そして焦らず、しっかりと治してください」「いつでも、これからも、齋藤学をマリノスをこれまで以上に精一杯応援して行くからね!!!」「人生に無駄だった時間なんてない。この8ヶ月、恐ろしい進化を遂げるためにその期間を過ごして下さい。サッカーを見つめる絶好の機会にして下さい」などのコメントが寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top