監督交代でもドルトムントには一貫した哲学…トッテナム指揮官「明確な戦い方をするチーム」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

監督交代でもドルトムントには一貫した哲学…トッテナム指揮官「明確な戦い方をするチーム」

スポーツ 短信

会見に臨んだトッテナム・ホットスパーの(右)マウリシオ・ポチェッティーノ監督とハリー・ケイン
  • 会見に臨んだトッテナム・ホットスパーの(右)マウリシオ・ポチェッティーノ監督とハリー・ケイン
  • マウリシオ・ポチェッティーノ 参考画像
トッテナム・ホットスパー(イングランド)のマウリシオ・ポチェッティーノ監督が9月12日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節を前に会見した。

対戦相手のボルシア・ドルトムント(ドイツ)は新監督を迎え今季から再スタートを切っているが、チームに宿る基本的な哲学は変わらないだろうと話している。

「4-3-3-のシステムで非常に明確な戦い方をする。いつも後ろからスピードのあるプレーを繰り出すことを重視している。アグレッシブでよく走るチームだ。トゥヘル監督が率いていたドルトムントとヨーロッパリーグで対戦したときと同じだ」

今季からドルトムントを率いるピーター・ボス監督に関しては、「素晴らしい監督であり昨季はアヤックスで手腕を見せたと思う」と賞賛している。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top