阪神が終盤の失点でカード負け越し、打球直撃のメッセンジャーは緊急降板 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神が終盤の失点でカード負け越し、打球直撃のメッセンジャーは緊急降板

スポーツ 短信

東京ドーム 参考画像
  • 東京ドーム 参考画像
阪神は8月10日に東京ドームで巨人と対戦。先発のランディ・メッセンジャーが緊急降板するアクシデントもあり2-5で敗れている。

阪神は二回に梅野隆太郎の適時打で先制。この回さらに俊介の適時打で1点を加えた。先発のメッセンジャーは四回まで巨人打線を1安打に抑える好投。しかし、五回に長野久義にソロ本塁打を浴び、二回にはケーシー・マギーの犠牲フライで同点に追いつかれる。

ここで踏ん張りたい阪神だったが七回、阿部慎之助の打球を右くるぶしに受けてメッセンジャーが降板。急遽登板した桑原謙太朗が後続を断ち無失点で切り抜けたが、八回にマルコス・マテオがつかまる。

四球とヒットで2アウト満塁となり、寺内崇幸の2点適時二塁打で勝ち越しを許した。

巨人が阪神に逆転勝ち…寺内崇幸が値千金の決勝打

最終回の攻撃はアルキメデス・カミネロの前に三者凡退。2日連続の逆転勝ちとはならなかった。

金本知憲監督は先制するも中押し点を奪えなかったのが敗因と語り、六回に1アウト三塁から梅野のスクイズが失敗した場面を「サインを出した結果。裏目に出た」と振り返る。


この試合にファンからは、「巨人に勝ち越しならずですか」「やっぱセーフティースクイズ失敗が痛かったですね。昨日と流れが逆になってしまいました」「スクイズ失敗なんて結果論でしょ。敗因は内海崩せなかったこと」などの声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top