バカヨコがチェルシーと5年契約、カンテとのフランス代表コンビで「次のレベルに」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バカヨコがチェルシーと5年契約、カンテとのフランス代表コンビで「次のレベルに」

スポーツ 選手

バカヨコ(右) 参考画像(2017年3月15日)
  • バカヨコ(右) 参考画像(2017年3月15日)
チェルシーがフランス代表MFティエムエ・バカヨコを獲得した。クラブ史上2番目となる移籍金4000万ポンド(約59億円)で5年契約を結んだ。

昨シーズンはモナコでリーグ戦32試合に出場したバカヨコ。17年ぶりのリーグ・アン制覇をもたらし、バカヨコ自身もリーグ屈指のセントラルミッドフィルダーと高く評価された。

チェルシーにはフランス代表の同僚エンゴロ・カンテもいる。中盤でコンビを組むものと思われるカンテについてバカヨコは、「カンテは全てを証明した。中盤の選手がプレミア最優秀選手賞を獲得するのは簡単なことじゃない。彼と一緒にプレーするのが楽しみだし、次のレベルに引き上げてくれると確信しているよ」とコメントした。

現役時代にチェルシーでもプレーした元フランス代表DFマルセル・デサイー氏は、「バカヨコはチェルシーのシステムにフィットするだろう」と移籍初年度からの活躍を予想する。

「守ることもできるし自分自身のことをマネジメントできる。戦術的にとても組織だったチームだから、彼もすぐにフィットできるだろう。彼がシステムに適応してチェルシーを新たなレベルに導くと確信している」

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top