ヤクルト・石川雅規が投打で躍動、6回途中無失点&決勝打「相変わらずの存在感、頼もしい限り」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト・石川雅規が投打で躍動、6回途中無失点&決勝打「相変わらずの存在感、頼もしい限り」

スポーツ 短信

東京ドーム
  • 東京ドーム
ヤクルトは5月18日、東京ドームで巨人と対戦。先発の石川雅規投手が6回途中無失点の好投を見せ、1-0で勝利した。

ヤクルトは3回表、1死三塁の好機を作ると、石川の内野ゴロの間に走者が生還し1点を先制。その後は巨人投手陣の前に追加点を挙げられなかったが、石川が巨人打線を抑え、後を継いだリリーフ陣も得点を与えず、1点差を最後まで守り切った。

対する巨人は、先発の宮國椋丞投手が7回1失点と好投を見せるも、打線が援護できなかった。

ヤクルトファンからは、「連勝、勝ち越し、おめでとうございます!」「なんと!約5年ぶり!ドームでの巨人戦カード勝ち越し!!」「相変わらずの存在感、頼もしい限り」「連勝おめでとう!この勢いに乗って上位進出だ!」「完封リレー最高です。巨人に連勝はさらに気分がいい」など、勝利に歓喜する声が多数寄せられていた。


《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top