巨人10四死球与えるも打線活発で2位浮上…4番・岡本が途中交代で不安残す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人10四死球与えるも打線活発で2位浮上…4番・岡本が途中交代で不安残す

スポーツ 短信
ヤクルトは10四死球をもらいながらも打線のつながり欠く■巨人 11-5 ヤクルト(15日・神宮) 巨人は15日、敵地でのヤクルト戦を11-5で勝利し2位に浮上した。亀井、岡本に2ランが飛び出し序盤にリ...

[続きを読む]

巨人10四死球与えるも打線活発で2位浮上 4番・岡本が途中交代で不安残す

《Full-Count》

編集部おすすめの記事

まとめ

スポーツ アクセスランキング

  1. 【リオ2016】競泳・瀬戸大也、気持ちは東京五輪へ「4年後東京で活躍できるように頑張る」

    【リオ2016】競泳・瀬戸大也、気持ちは東京五輪へ「4年後東京で活躍できるように頑張る」

  2. 表紙・巻頭に羽生結弦 ロシア杯とNHK杯を全面撮りおろしで特集 『フィギュアスケートぴあ ~moment on ice~』発売

    表紙・巻頭に羽生結弦 ロシア杯とNHK杯を全面撮りおろしで特集 『フィギュアスケートぴあ ~moment on ice~』発売

  3. 水嶋ヒロ、華麗なリフティングを披露…「ジャグリングのように感じた」

    水嶋ヒロ、華麗なリフティングを披露…「ジャグリングのように感じた」

  4. ISU欧州、四大陸選手権などフィギュアスケート選手権をJ SPORTSが放送

  5. 【東京2020とわたし】世界が灰色からカラーに…1964年のオリンピックを観戦した9歳の男の子は、いま

  6. 1939年に書かれた「水泳十則」がスゴい...他のスポーツや日常生活にも役に立つ

  7. クリスティアーノ・ロナウドが酒、タバコをやらず、身体に刺青を入れない理由

  8. 36歳になったイケメン!パラグアイ代表の元エース、サンタ・クルスの豪快ヘッドがすごいぞ

  9. コナー・マクレガーも驚き!ロナウドの筋肉美に「彼はアニマルだ」

  10. アリスターがハントを返り討ち、ヒザ蹴りでKO奪う

アクセスランキングをもっと見る

page top