【WBC2017】侍ジャパン・菊池涼介、猛打賞で強烈アピール…ソフトバンクとの練習試合 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【WBC2017】侍ジャパン・菊池涼介、猛打賞で強烈アピール…ソフトバンクとの練習試合

スポーツ 短信
菊池涼介(2014年11月18日)
  • 菊池涼介(2014年11月18日)
野球日本代表・侍ジャパンは2月25日、サンマリン宮崎でソフトバンクと練習試合で対戦。打線がわずか4安打と振るわず、0-2と完封負けを喫した。

この日、侍打線が放った4安打のうち3安打を放ったのが2番に入った菊池涼介内野手(広島)。正二塁手を争う山田哲人内野手(ヤクルト)が1番・指名打者で出場したため、二塁の守備にもついた。

菊池は初回にいきなり安打を放つと、迎えた3回の第2打席、6回に迎えた第3打席とすべてセンターへ運ぶ鮮やかなバッティングを披露。調整遅れのためか元気のない侍打線の中でひとり気を吐いた。

昨季は正二塁手として広島の25年ぶりの優勝に大きく貢献。メジャーリーガーも称賛するほどの日本プロ野球界屈指の守備力に加え、セ・リーグ最多安打も記録し、打撃面でも飛躍を遂げていた。さらに走力、犠打やエンドランなどの小技も得意としており、日本が目指すべきスモールベースボールには欠かせない要素を多分に兼ね備えている。

この日、トップバッターで出場した山田は4打席凡退。四球を選ぶこともできず出塁すらできなかった。この後、青木宣親外野手(ヒューストン・アストロズ)も合流し上位打線は多少の組み替えがあると予想されている。菊池の出来次第では、2年連続トリプルスリーの山田もレギュラー安泰とは言い切れない。

《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top