ドルトムント、最下位チームに敗れ監督も落胆「負けて当然の内容」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ドルトムント、最下位チームに敗れ監督も落胆「負けて当然の内容」

スポーツ 短信
ドルトムント対SVダルムシュタット(2017年2月11日)
  • ドルトムント対SVダルムシュタット(2017年2月11日)
  • ドルトムント対SVダルムシュタット(2017年2月11日)
  • ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督 参考画像(2016年11月26日)
ブンデスリーガ第20節が2月11日に行われ、香川真司の所属するボルシア・ドルトムントはSVダルムシュタットに1-2で敗れた。香川は後半17分から途中出場した。

最下位のダルムシュタットに序盤から決定機を作られ続けるドルトムント。GKロマン・ビュルキの好セーブもあってなんとか防いでいたが前半22分、ダルムシュタットのテレンス・ボイドに決められついに先制を許す。

追いつきたいドルトムントもマルコ・ロイス、ピエール=エメリク・オーバメヤンのスピードを生かした攻撃でゴールに迫るが決められず。さらにロイスが蹴ったFKはクロスバーに嫌われ得点にならなかった。

ドルトムントは前半44分にラファエル・ゲレイロのゴールで試合を振り出しに戻すが、後半22分に勝ち越しを許し今度は追いつけなかった。

試合後のトーマス・トゥヘル監督は、「負けて当然の内容だった」と手痛い敗戦を振り返った。

「フリンクス監督とダルムシュタットの勝利を祝福したい。この言葉は我々が作ったチャンスの少なさを表している。我々は力を出し切れず、ダルムシュタットは最大限に近いプレーを見せた。そうなれば負けて当然だ。持っている力を出せたほうが勝つに決まっている。今日は負けて当然の内容だったと認めることしかできない」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top