ラオニッチ、初のファイナル4強入り…ティエムをストレートで下す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラオニッチ、初のファイナル4強入り…ティエムをストレートで下す

スポーツ 短信
ミロシュ・ラオニッチ(左)とドミニク・ティエム(2016年11月17日)
  • ミロシュ・ラオニッチ(左)とドミニク・ティエム(2016年11月17日)
  • ミロシュ・ラオニッチ 参考画像(2016年11月17日)
男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルで11月17日、世界ランク4位のミロシュ・ラオニッチが同ランク9位のドミニク・ティエムと対戦した。7-6、6-3のストレートでティエムを下したラオニッチが、グループ2位で準決勝進出を決めている。

すでに同グループはノバク・ジョコビッチが準決勝進出を決めており、この試合は残る1枠を争う戦いだった。ラオニッチは14本のエースを決めるなど得意のサーブでポイントを奪う。タイブレークになった第1セットを制すと、第2セットも取って初のベスト4入りを決めた。

@mraonic reaches the #ATPFinals semi-finals with a 7-6(5) 6-3 win over #Thiem. #ATP #tennis #Raonic

atpworldtourさん(@atpworldtour)が投稿した写真 -


この試合にテニスファンからは、「ティエムもストレート負けだけど頑張ってた。若手の頑張ってる感があって楽しい」「ジョコビッチとラオニッチの突破、妥当と言えば妥当」「タイブレークは僅差だったけど、全体としてはラオニッチのサービスゲームに安定感があった」「決勝トーナメントはラオニッチ、ジョコビッチ、マレー、錦織かな?」「いよいよ世代交代」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top