【THE ATHLETE】マクレガー、UFC202でネイトにリベンジ成功…再戦も壮絶な殴り合いに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE ATHLETE】マクレガー、UFC202でネイトにリベンジ成功…再戦も壮絶な殴り合いに

オピニオン コラム
コナー・マクレガーがUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)
  • コナー・マクレガーがUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)
  • コナー・マクレガー(左)がUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)
  • コナー・マクレガー 参考画像(2016年8月19日)
  • ネイト・ディアス 参考画像(2016年8月19日)
  • コナー・マクレガーがUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)
  • コナー・マクレガー(右)がUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)
  • コナー・マクレガー(下)がUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)
  • コナー・マクレガーがUFC202でネイト・ディアスが対戦(2016年8月20日)
格闘技イベント『UFC202』が8月20日、米国ラスベガスのT-Mobileアリーナで開催された。メインではコナー・マクレガーとネイト・ディアスが対戦、5ラウンドの死闘の末、マクレガーが2-0の判定で勝利を収めた。

3月のUFC196でも対戦した両者。そのときは2階級上の相手にマクレガーが序盤からスタンドでペースを握るも、ネイトのワンツーが顔面をとらえたところから形勢逆転。最後はグラウンドでチョークが決まり一本負けを喫した。

ふたりの再戦は当初7月の『UFC200』で予定されていたが、4月にマクレガーが起こした引退騒動により撤回、紆余曲折を経て今回ようやく実現した。


コナー・マクレガー (c) Getty Images



ネイト・ディアス (c) Getty Images

■序盤はマクレガーがローから主導権を握る

第1ラウンドは序盤から、マクレガーが左のローキックでネイトの意識を下に持っていく。出入りの激しい動きで顔面にパンチを集めた前回の戦いから、大きく戦略を変えてきたことがうかがえる立ち上がりだった。

狙い通りローから顔面への左ストレートにつなげたマクレガーはダウンを奪うが、ネイトの柔術を警戒してグラウンドで深追いはしなかった。ヒートアップしたネイトも拳を振るうが、スタミナがある段階ではマクレガーのほうがスピードで上回っていた。


第2ラウンド、セコンドに「この調子で行こう」と送り出されたマクレガーは、鋭い踏み込みから左の強打で再びダウンを奪う。だが今回もネイト相手に寝技は挑まない。立たせて再開する。

前のラウンド同様にローを蹴るマクレガー。ネイトは顔面から出血しても闘志が衰えることなく前へ出続ける。ネイトのパンチにカウンターを合わせるマクレガーだが、徐々に相手の圧力に屈して後退する場面が増えてきた。

ガス欠を感じさせるマクレガーに対し、徐々に体格で勝るネイトの時間が始まった。パンチが顔面に届き始め、第1ラウンドでは見られなかった連打も出る。ついにネイトの拳がマクレガーをとらえダウン。すぐに立ち上がったが、ネイトはマクレガーを金網に詰めて連打。


逆転劇の再現かと沸き立つT-Mobileアリーナ。だがマクレガーがしのぎ切り、なんとか第2ラウンドを生き延びた。

【次ページ 中盤は体格と体力で勝るネイトの時間】
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top