リオ五輪陸上日本代表・ウォルシュジュリアン「注目されるのは大好き」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

リオ五輪陸上日本代表・ウォルシュジュリアン「注目されるのは大好き」

スポーツ 選手

リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
  • リオデジャネイロ五輪陸上短距離の日本代表、桐生祥秀とウォルシュ ジュリアンの壮行会が東洋大で開催(2016年6月28日)
リオデジャネイロ五輪陸上短距離で日本代表内定を決めた東洋大学のウォルシュ ジュリアン選手。6月28日に壮行会が開催された。

日本選手権、男子400mで超前半型の走りで圧勝したウォルシュ選手は、五輪標準記録45秒40の壁を大舞台で突破。自己ベストの45秒35で優勝して弾みをつけ、さらなる飛躍が期待される。

ウォルシュ選手は壮行会後に報道陣の取材に応じた。


---:壮行会を受けてみていかがでしたか?

ウォルシュ ジュリアン選手(以下、敬称略):こういう場を設けてくれたのは嬉しいし、やっと実感が湧いてきたというのはあります。

---:注目されていることを感じますか?

ウォルシュ:この間おばあちゃんに「テレビで見たよ」と話しかけられました。どんどん道端で会ったら話しかけて欲しいです。

---:そのためにももっと活躍しなきゃと。

ウォルシュ:そうですね。もっと活躍して44秒台を出したいです。

---:注目されるのは好き?

ウォルシュ:大好きですね。

---:日本選手権、注目されていたからこそ記録を出せたというのはありますか?

ウォルシュ:ありますね。観客がたくさんいて、応援があるといい走りができます。オリンピックも楽しみです。

《大日方航》

編集部おすすめの記事

page top