巨人、4番手の宮國椋丞が今季3勝目…中日との接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

巨人、4番手の宮國椋丞が今季3勝目…中日との接戦を制す

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
巨人は6月29日、東京ドームで中日と対戦。序盤にリードを許しながらも終盤に逆転。3-2で接戦をものにした。4番手で登板した宮國椋丞が今季3勝目を挙げた。

0-2と2点ビハインドで迎えた3回裏、巨人は實松一成捕手のソロ本塁打で1点を返す。5回裏には、走者一、二塁の好機に阿部慎之助が内野手が適時打を放って同点とすると、7回裏に満塁の場面で村田修一内野手が押し出し四球を選び、これが決勝点となった。

中日は2回表に2点を先制するも、それ以降の回は打線にあと1本が出ず無得点に終わった。


これに対してファンからは、宮國の好投を賞賛する声が寄せられていた。







《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top