コパ・アメリカ決勝はチリ対アルゼンチン、2大会続けて同じ顔合わせに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

コパ・アメリカ決勝はチリ対アルゼンチン、2大会続けて同じ顔合わせに

スポーツ 短信

コパ・アメリカ決勝、チリ対コロンビア(2016年6月22日)
  • コパ・アメリカ決勝、チリ対コロンビア(2016年6月22日)
  • コパ・アメリカ決勝、チリがコロンビアに勝利(2016年6月22日)
コパ・アメリカ準決勝のチリ対コロンビア戦が6月22日に行われ、前回王者のチリが2-0で勝利し2大会連続の決勝進出を決めた。

連覇を目指すチリは前半6分、ホセ・フエンサリダがスピードに乗ったドリブルで右サイドを突破、クロスを上げると一旦は相手DFに跳ね返されるがゴール前に落ちたボールをカルレス・アランギスが押し込んで先制した。

先制点から4分後には、GKからのロングボールでアレクシス・サンチェスが一気にエリア内まで侵入、右足を振り抜いて強烈なシュートを放つ。ボールはポストに弾かれるが、こぼれ球にフエンサリダが詰めてリードを2点に広げた。

コロンビアは後半12分にカルロス・サンチェス・モレノが退場、ひとり少ない状態でチリから2点を奪い返すことはできなかった。

これにより決勝は2大会続けてチリ対アルゼンチンの顔合わせとなっている。前回はチリがPK戦の末に勝利、コパ・アメリカ初制覇を果たした。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top