Windows 10アップグレード問題、消費者庁が注意リストを公開 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Windows 10アップグレード問題、消費者庁が注意リストを公開

ライフ 社会

Windows 10アップグレード問題、消費者庁が注意リストを公開
  • Windows 10アップグレード問題、消費者庁が注意リストを公開
  • ポップアップ通知のイメージ
  • ポップアップ通知のイメージ
  • 消費者庁「Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について」(抜粋)
  • 消費者庁「Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について」(抜粋)
 ここ数か月、さまざまな形で問題となり、ついには国会でも採り上げられた「Windows 10への強制アップグレード」問題。無償提供によるアップグレード対応期間は、1ヶ月ほどとなったが、ここに来て、消費者庁が改めて注意を呼びかけた。

 消費者庁は22日、「Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について」と題する文書を公開。文書はPDFファイルとなっており、誰でもダウンロード・閲覧が可能だ。

 同文書では、 Windows 10のアップグレード方法について「実施予定日時をあらかじめポップアップで通知した上で、 個人ユーザーが日時の変更やキャンセルを行わない限り、その日時になると自動的にアップグレードを始める」「アップグレード中はパソコンを利用することができない」と指摘。そのうえで、「アップグレードを行う前」「アップグレードを行う時」「アップグレードを行った後」の3ステップごとに注意点をあげるとともに、ポップアップ通知のイメージ、参考となるサイトのURLを掲載している。

 そこであげられている注意点は以下のとおりだ。

■アップグレードを行う前
・今利用している基本ソフトウェア(OS)との違いを確認
・ソフトウェアや周辺機器が対応しているか確認
・アップグレードの手順を確認
・アップグレードを行わない場合、予約をキャンセル

■アップグレードを行う時
・アップグレードの日時を適切に設定
・承諾を求められる事項は、内容を確認した上で判断
・途中で無理にアップグレードを中断しない

■アップグレードを行った後
・元のOSに戻したい場合は、1か月以内に対応

 とくに重要なのは、最後の「アップグレードから31日以内であれば、元のOSに戻すことも可能」という点だろう。アップグレードする予定の人も、しない予定の人も、一度は目を通すべき文書だといえる。
《赤坂薫@RBBTODAY》

編集部おすすめの記事

page top